Remember FORCE MUSIC

これからアイドルになるあなたへ

これからオタクになるあなたへ

すべての未来のアイドル関係者の皆様へ

2年前に起きた「災害」の記録を残します。

あの時の地震を忘れてはいけないように、あの時の台風を忘れてはいけないように

「FORCE MUSIC」という災害で散っていった、すべての関係者の墓標になりますように。







場合によって、インタビューのご協力などいただけた際は別途謝礼金等もご用意いたします。
この騒動で散ってしまったアイドルとアイドルオタクへ、せめてもの弔いができれば。


スポンサーサイト

KAIJU MUSUME 6 へようこそ

KAIJU MUSUME 6










最近アニメを全然見ていないせいで、ブログの更新がままならない二号です。
そろそろ仕事を辞めたいのでちゃんとブログを更新していきたいと思います。

そもそもアニメ見れていないのは、仕事が忙しいということもあるのですが、
最近はパリピの眠らない街 六本木に入り浸っていることもアニメを見れていないというのが大きいです。

この土日も合計18時間六本木にいました。

家で寝てる時間より長いです。

そして、18時間中12時間いたのがこちら

kaiju





今年の1月26日にオープンしたKAIJU MUSUME 6


人気絵師がウルトラ怪獣を怪獣娘として擬人化し、コミックやノベル、映像作品など各種メディア展開する「ウルトラ怪獣擬人化計画」。その新たなKAIJUワールドを独自の世界観でリデザイン!「KAIJU MUSUME 6」は高感度のポップカルチャーとミックスされた、新しいKAIJUワールドを体感できるエンターテイメントレストランです。






ここにこの土日オープンからクローズまで居座ってました。

ずっと存在は知っていたもののアフィリアの思い出が脳裏にこびりつき踏ん切りがつかづ、
半年ほど放置していました。

あまりにもTwitterで評判なので、思い切ってさる5月11日にはじめて行ってみました。

今日で4回目なんですが、なんかもうすでにすごいことになってます。
KAIJU2

案の定沼。


「エンターテインメントレストラン」って言ってるのに、チェキの紹介から始めるあたりがオタクのさが。

百聞は一見に如かずというか、こういう感じのキャストさんが接客してくれる
いわゆるコンセプトカフェなんですが、とにかくいろんなクオリティが高い。

ということで、クオリティの高いエンターテインメントレストランであるポイントを3つ書いてみようと思います。

1.料理のクオリティが高い




土曜日に二号も食べましたが、普通にうまい。

ガチのキッチン併設なので、料理に手抜きが一切なし。

これで1200円くらいだったと思います。

六本木駅から徒歩5分以内という好立地も考えると、普通のレストランとしてもハイクオリティ。

2.楽曲のクオリティが高い



1時間に1回、「CLAP TIME」なるショータイムがあります。
オリジナル楽曲は現在3曲。
出来て半年のコンカフェが、3曲もオリジナル楽曲を持っているすごさ。

そしてなんと、この時間は撮影可能!!!

いやはやこれは革命ですよ。

チェキ売って利ざやを稼ぐ商売なのに、極論チェキ買わなくてもいいわけですからね。


3.KAIJU MUSUMEのクオリティが高い
これもだいたい映像を見てもらった通り。

キャストことKAIJU MUSUMEのみなさんが、
円谷怪獣をモチーフにした衣装に身を包み接客してくれます。

あんな奇抜な衣装を着て可愛いんだから、普通の衣装を着たらどうなるんだ









とにかく、みんなかわいい。

そしてレストランとしてのクオリティも高い。


そんなKAIJU MUSUME 6 ですが、1年間限定ということで
そろそろ折り返し地点になっています。

僕みたいに行くのを迷っていても時間の無駄です。

少しでも気になったら、とりあえず行きましょう。





それではみなさん、よいKAIJUライフを!



円谷ヒーロー ウルトラ怪獣全史 (講談社 MOOK)

【底辺youtuberあるある】ないないないへの取り組み

後で書く書く詐欺を積み重ねまくって何を書かなきゃいけないのか、イマイチ覚えきれていない二号です。

とりあえず、覚えている分から書いていこうと思います。

覚えているというか、半年くらい前に書いたメディアクリエイターが教える、底辺YouTuberが再生回数を稼ぐ方法という記事を久しぶりに目にして思い出しただけですが。

以前の記事で「底辺YouYuberには共通しているポイントが3つある!!」

とか言って、結局1つしか書いていなかったので残りを1つずつ書いていこうと思います。








ということで、そもそもの発端「メディアクリエイターが教える、底辺YouTuberが再生回数を稼ぐ方法」で挙げた

2. ないないないへの取り組み

について、「ない」の数だけポイントを挙げていこうと思います。



1つ目のない
特徴がないことへの取り組み



これが2号がYouTuberになることができない最大の壁であり、多くの底辺YouTuberがぶち当たっている壁です。

「この企画はこのチャンネルじゃないと出来ないことなのか?」

という、明確な特技、特徴が必要という話です。

あなたの動画を見ることで、見ている人が一体何を得ることができるのか。

ここをとらえる必要があります。

逆にここさえしっかり捉えられれば、他の要素は不要といっても過言ではありません。


例えばトップYouTuberのヒカキンさんは今でこそ商品紹介おじさんです が、

もともとはマリオのBGMをヒューマンビートボックスでやってみた動画で爆発的に人気を博したYouTuberです。



ヒューマンビートボックスなんて誰でも出来る事じゃないですからね。



それからフレンチクルーラーことヒカルさんも、他の追随を許さないほど企画にお金をつぎ込みます。

という唯一無二の特徴を持っていますね。



馬券が偽物とか色々な話がありますが、そういうことは正直どうでもいいことなんです。

あれほどめちゃくちゃにお金を使える企画内容を思いつくことが大事なんです。



これもヒカルさんのチャンネルが作り上げた特徴、特色です。



200万人越えのチャンネルばかり例に挙げても底辺YouTuberの皆様には遠い世界の話かもしれないので、もう少し手近な例を挙げてみましょう。



2018年1月現在、チャンネル登録者数2.2万人のYouTuberにスーツさんという鉄道オタクの方がいます。

この方は、「最長往復切符の旅」を企画し、自らのチャンネルをバズらせました。

この企画も自身の圧倒的な鉄道知識を持ってして成立していると言えます。

最長往復切符の旅が一体なんなのかは、スーツさんのチャンネルを見てみてください。




後に、「通っている大学から警告文が届いた!」というセンセーショナルなタイトルの動画がバズりますが、

全てはこの最長往復切符の時に手に入れた地盤(=最長往復切符の時のチャンネル登録者)がベースですね。

※2018年1月29日時点ではチャンネル登録者数2.2万人でしたが、1月31日現在3.2万人になっていました。
ある程度チャンネル登録者数が増えると、一気に伸びる好例かもしれません。



ここまで話が長くなってしまいましたが、何が言いたいかというと



何か一つ圧倒的な分野が必要



ということです。





何か」はなんだっていいんです。

その「何か」を圧倒的な特技として

しっかりYouTube上で紹介できればそれでいいんです。



しかし、底辺YouTuberの皆様にはこの「何か」が欠けている。



これが一つ目の「ない」です。



そして二号はこの「圧倒的な何か」がないので、YouTuberは向いてないということになります。


毎日泣いているので、だれか教えてください。











2つ目のない
機材がない。



機材がないというべきか、撮影編集知識がないと言うべきかは分かりません。

個人的にはiPhoneでも十分商用に耐える撮影は出来ると思っています。

ただしそれは一般的に商業的な映像クリエイトに携わった人が持っている最低限の知識があってこそです。

よくネタにされていますが、底辺YouTuberはライティングについて少し興味を持つだけで改善できます。
それから、SE、BGMの使い方。

正直売れているYouTuberで、2号が舌を巻くほどの高い編集力を持つクリエイターは両手で数えるほどもいません。
※発想の勝利、的な素晴らしい編集はまれに見かけますが


何を撮影しているか分からないほど暗い画面。
いったい何をしているか分かりづらい動画。


想像してみてください。

野球の中継をテレビで見ていて、野球ボールが見えない映像を。



すごいストレスでしょう?



そういうことです。


わけのわからない動画はもったいぶらずお蔵入りしましょう。

ストレスを与えるくらいなら、世に出さない方がましです。


3つ目のない
ネタがない



これの答えは簡単です。

パクりましょう。



あなたがよく見ているYouTuberでもいいですし、有名な海外YouTuberでもいいです。

テレビのパクリでも問題ないですね。


それをベースにして企画案を作りましょう。



そうしたら5本に1本くらいはパクリ元とはかけ離れたあなたの企画になっています。


そして「パクッて自分の企画にする」の反復を繰り返しましょう。

そうすると、3本に1本くらいはパクリ元とはかけ離れたあなたの企画になっています。

そして反復を繰り返しましょう。

そうすると、2本に1本くらいはパクリ元とはかけ離れたあなたの企画になっています。

最終的にはたまに似た企画が出来てしまうくらいのレベルまで詰めることができます。

そして、その似た企画というのは決してパクリというものではなく
あなたの発想がたまたま被ってしまっただけです。

その時は胸を張って投稿すればいいのではないのでしょうか?

というか、気付かないうちに同じようなネタになってしまうことなんてよくあることです。


YouTuberに関わらず、いわゆるクリエイターと言われる人たちは基本的にパクリからスタートします。



しかし世に出る時には、各クリエイターのフィルターがかかり、全く別の作品になっています。

たまにフィルターが甘くて炎上したりしますが、まぁ底辺YouTuberの皆様は炎上するだけ儲けものですよ。









ということで、半年前くらいに書き残した底辺YouTuberの皆様へのメッセージその2編でした。

偉そうに書いていますが、仕事として適当な映像作品を納品しながら
8年くらい前のニコ生で3000人のコミュニティを持っていたくらいの実績しかありません。

この肩書とこの実績を信じるか信じないかはあなた次第です。

なんだかYouTubeの広告収益ルールが変わって、底辺YouTuberはより大変になるみたいですね。



これ以上YouTubeの規約が厳しくならないうちに、誰か二号の特技を教えてください。


それではみなさん、よいYouTuberライフを!


クリップライト OCOOPA ベッドサイドランプ タッチパネル機能 三段階調光 電気スタンド 360度回転 USB充電対応 寝室・卓上ランプ 自然光 目に優しい ブラック

100本目の記事になりました

どうもこんばんわ!

3連休中になぜか未来日記を全話見直していた二号です。
何回見ても気が狂ってるので、健康な精神をお持ちの方以外はみるのをお勧めしません。



「未来日記」 Blu-ray BOX


さて、昨日1号パイセンが更新した2017秋アニメまとめで、100記事目のエントリーになりました。

ありがとうございます。


なんだかんだで記事も増えてきたので、ここでPV数が多い記事上位5つをまとめていきます。

こんなブログですが、1位は3000PV越えです。
本当にありがとうございます。

1位

2017夏アニメまとめ

1位は1号パイセンの視聴レビュー総括、夏アニメ編です。
本当の意味で、そのシーズンに放映されたアニメを網羅しています。

キーワードが多いので必然的に検索からのアクセスも多い、このブログの屋台骨みたいな記事です。

昨日の2017秋アニメまとめも初速が伸びているので、早見系のエントリーは強いと感じています。

2位

本当に「最近異世界転生アニメが増えた」のか、調べてみた【後編】


2位は珍しく2号がアニメのことを書いた記事になっています。
こちらもアニメタイトルが大量に記事に出てくることで、キーワードからのアクセスが多い記事です。

それから、このテーマ自体気になっている人が少なからずいたみたいで、
見知らぬ人からリアクションをもらった数少ないエントリーになりました。

二号としてはこういう記事を書いていければいいなと思っているので、
気になっていることなどあれば、調べてほしいことをコメントしてもらえると嬉しいです!

3位

【悪用厳禁】元イベントスタッフが思う、ライブの本人確認を強行突破する方法

特にイベントのことで荒れていた時期のエントリーなのでその流れに巻き込まれて初速から伸びました。
また、この記事のエントリーから半年ほどたった今、チケットキャンプ閉鎖などチケット転売問題はさらに大きな問題になっています。
世の中の注目度がたまたま絡んで、初速、テールともに安定感のあるエントリーになりました。

こんな泡沫ブログでも世間の流れが影響するんだな、と勉強になりました。

ブログの内容はイリーガルとは言いませんが、ギリギリなのでご利用は計画的に。

4位

本当に「最近異世界転生アニメが増えた」のか、調べてみた【前編】

これはタイトルを読んでみたまま、2位の本当に「最近異世界転生アニメが増えた」のか、調べてみた【後編】
の前半記事になります。

学んだことはただ一つ。

みんな簡潔に答えだけが知りたいんだな。

5位

地獄少女 宵伽 第1話 見えない聞こえない

ここで1号先輩が鬼のようなスピードでレビューを更新していた時期のエントリーがランクインします。

エントリー時の初速から他のレビュー記事とPVの伸び方が違っていました。

投稿当時にいろいろ要因を調べていたのですが、「地獄少女 宵伽」のレビューが少なく、
Google先生に「地獄少女宵伽 感想」で検索すると3位、2chまとめ系を除くと1位で表示されていました。

鬼の更新速度のかいもあり、1作品レビューの記事では唯一にして圧倒的なPV数になりました。













いろいろ試行錯誤していますが、とりあえず続けていこうというのが今のスタンスですので
本年も、当ブログを宜しくお願い致します。


それではみなさん、よいアニメライフを!


このライトノベルがすごい! 2018

メディアクリエイターが教える、底辺YouTuberが再生回数を稼ぐ方法

いつも通りアニメレビューと遠いところにいる、
このブログを始めてからTwitterのフォローワー数が3倍になった二号です。

ありがとうございます。




非常にありがたいことに、売名目的でフォローしてくださる方もいらっしゃいます。


そして、売名DMで圧倒的に多いのは底辺YouTuberからのメッセージです。









自分自身こうしてブログをやっているので、なにか参考にしたくて毎回見に行っているのですが、チャンネル登録をすることはまずありません。


以前、【悪用厳禁】元イベントスタッフが思う、ライブの本人確認を強行突破する方法、という過去の仕事に関係する記事を書きました。

その時の二号の仕事は、マスメディアと非常に結びつきが強くテレビ関係の仕事もそれなりにありました。

一応、それだけで飯を食っていた時期もあった元プロです。




いや、プロとか素人とか関係なく思うはずです。


底辺YouTuberの動画は見るに堪えない



底辺YouTuberの方に質問なのですが、自分の動画を5本一気に見られますか?


同じ動画をループでも、別々の動画を5本でもいいです。



自分が作った動画を、自分で楽しく5本見ることはできますか?




見れる!という方はここから先を読む必要はありません。





多くの底辺YouTuberさんは、自分で面白いと思って作った動画なのにたった5回も見ることはできないと思います。
















ということで、今回は

「底辺YouTuberからのDM50通、受信突破記念」

と冠して、


元メディアクリエイターが教える
底辺YouTuberさん向けの再生回数増やし方講座

をやっていきます!!







この講座は、くそアフィと違っていつまでも情報商材を売りつけるようなことはしません。

たった3つのポイントを意識するだけで、よりよい動画作成をすることができます。



今回の対象は
1. 顔出し(実写チャンネル)のチャンネルを持っているYouTuber
2. 既にまとまった期間/本数、コンスタントに動画をアップロードしているYouTuber

です。




それでは早速答え!

こちらの3つのポイントを押さえれば、見れない動画じゃなくなります!!


1. プロットを作ろう。
2. ないないないへの取り組み
3. 物語性のある違和感






ポイントを全部書いていくと、到底1記事では収まらないので今回は

1. プロットを作ろう。


について書いていこうと思います。


プロットを作ろう。


つまり、台本を作ろうということです。


「台本」というだけでアレルギーのように嫌う人がいますが、メディア作品を作るうえで「構成台本」は必須です。



もっとわかりやすく言うと、「起承転結を意識しましょう」ということになります。



わざわざ紙に書いたりする必要はないですが、特にグループYouTuberの場合は動画の「構成」をみんなで共有してから撮影をしましょう。



禁断ボーイズの動画は非常に顕著で、構成がわかりやすいのでこちらの動画をお借りして解説していきます。

なぜか年齢制限をかけられBANを食らった挙句、本人たちが挙げなおしているみたいです(笑)



【起】

禁断ボーイズ、いっくんといえば

「今日の企画は!!」

というキャッチフレーズはもはやお馴染みです。


といっても、今回紹介する動画では「今日の企画は!!」と叫ぶシーンは封印されています(笑)


叫んだり、派手に動いたり、「演出」の方法はいろいろあります。


今回も、叫びではなく文字という演出を使って確実に企画意図を説明しています。

キャッチフレーズこそ封印していますが、確実に「今日の企画」を視聴者に届けて、この動画でなにをするのかを明確にします。


この動画の目標は2つです。


・コラボ相手であるマックス村井が、自虐をする動画。
・今シリーズの企画で負けたことのないメサイアの勝敗の結果を伝える動画。


今回の動画では、0秒から60秒付近までがこのパートに当たります。


【承】

先ほど提示した【起】のテーマに沿って、「見ている人全員にとって自然なやりとり」を展開します。

いわゆる、「ネタフリ」のセクションです。

動画の「オチ」に対する、「ヤマ」を登っていきます。


視聴者が飽きない範囲で、出来るだけヤマを作ることで落差が大きくなり「オチ」が大きくなります。

今回の動画の目標に沿って展開していきます。
・マックス村井が自虐をする。
・勝負に負けないメサイアのイメージを固定する。


今回の動画では、1分~2分30秒がこのパートに当たります。


【転】

2分30秒以降、動画が展開します。


ここを「どう展開させられるか」が本当の勝負のポイントです。



DMを送り付けてきた約50人の底辺YouTuberのみなさんは、この「本当のポイント」までたどり着けていません。
勝負の土俵にさえ登れていないのです。



なぜなら底辺YouTuberの動画は、「企画の提示(動画の目標)」も「ネタフリ(オチを含む)」もない平坦な動画だからです。




今回の動画は、起→承とマックス村井による「自虐ネタによる笑い」でヤマを作っていました。
しかし動画の転換ポイントである【転】のセクションで、マックス村井の「ビジュアルや、自虐ネタ以外の笑い」で動画を展開していきます。



動画では「うん、続行」と何事もなかったかのように続けます。

一方で、今まで負けていないメサイアの動揺を誘い『負けるかも!』という転換をしていますね。

今回の動画では、2分30秒~4分前後がこのパートに当たります。

【結】
まぁ、結果ですね。


・メサイアは勝つのか負けるのかを明確にする。
・全員が笑ってしまった自虐ネタを明確に伝える。

でオチです。


この動画では、4分以降のパートです。












ということで、超人気YouTuberの動画を分解しながら構成台本、起承転結について解説してみました。


偶然か意図的なものかはわかりませんが、「起承転結」の秒数が00秒もしくは30秒で区切れています。


秒数がきっちり揃うことまで意識しているかは分かりませんが、最低限「構成」を意識していないと明確に区切ることはできません。

少なくとも、底辺YouTuberの動画ではこの解説はできないんです。



もちろん、それぞれのパートの中に小ボケ(小オチ)が挟まっていたり、印象的な挨拶、キャッチフレーズを織り交ぜることも大切です。

しかしそれらは、しっかりとした土台の上だからこそ輝くワザなんです。



これが土台、プロットを作ろうといった意味です。



また、禁断ボーイズのレベルになると「構成」の比率のテンプレート(いわゆる黄金比)のようなものを持っているのかもしれません。
ちなみに、テレビには構成のテンプレートが存在しています。


テレビとYouTubeでは動画時間もターゲット視聴者何もかも違うので、この部分は売れているYouTuberさんの動画を分析したほうがいいと思います。



ここまで読んでみて、少しは「構成台本」を作ろうと考えてもらえるでしょうか?











明確な起承転結を作ることで動画にストーリー性が生まれ、「しょうもない動画」から「映像作品」へと変化します。


見るものに限りがないほど広大な「YouTube美術館」で、わざわざしょうもないゴミを見る観客はいません。

作品にしましょう。



もう一度、過去の自分の動画をみてみてください。


起承転結を区切ることはできますか?

5回見ることはできますか?


最初は難しいと思いますが、まずは次に作る動画は【起】と【結】を明確にしてみてはいかがでしょうか?




残りの2つのポイントについては、また後日お伝えしようと思います。




それではみなさん、よい底辺YouTuberライフを!!


僕の仕事は YouTube

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム