FC2ブログ

2018夏アニメまとめ 日曜日+α

はねバド! 良
good!アフタヌーン連載のバドミントン漫画のアニメ化。2クールくらい前からCMを打っていたので手は込んでいるだろうと思ったが、OPから作画がものすごく良かった。内容は色々省いているらしく突飛な部分もあったが、試合に入るとものすごい作画が飛んでくるのでそこだけを見ていれば気にならないかもしれない。特に主人公の綾乃がやべぇ奴すぎてライバルキャラがことごとく弱そうに見えてしまった。羽崎家がヤバいだけかもしれない。こうなってくると野郎連中がいらないのではと思わなくもなかった。



ロードオブヴァーミリオン 紅蓮の王 駄
人気オンライントレーディングカードアーケードゲーム(wikiより)のアニメ化。作画もクソだし内容もクソ。どういう見方をすればおもしろくなるのか教えてほしいアニメだった。基本的に変身してバトルみたいなのが見どころっぽいがその戦闘シーンが謎の光球ビューンでドカーンなので何もわからない。人間関係の複雑さも押し出そうとしてくるが、ぽっと出が多すぎてキャラがわからなくなる。特に石田彰さんと堀江由衣さんがマジで謎。このアニメに脳のリソースを割きたくないがなぜか覚えていた。



あそびあそばせ 良
ヤングアニマル連載の表紙詐欺アニメ(公称)。かわいらしい外見の女子中学生がかわいらしくない顔になるようなあそびをしていく。物語が進むにつれそもそもかわいくあろうとすることを放棄している気がしたがまぁおもしろかった。下ネタやワキガなど、およそ女子中学生に扱わせるべきではないネタもさせてきてそこから畳み込むようにしょうもないネタをかましてくる。原作コミックを読んでいたのだが、再限度がものすごかった。



つくもがみ貸します 良
しゃばけで有名な畠中恵さん原作の小説のアニメ化。江戸の小話的な話の謎を、つくもがみが宿った小物を介して古道具屋の主人である主人公たちが推理・解決する物語。普通に面白いのだが、画面を見なくてもいいというか、ほとんど軽妙な会話のやりとりだけで進んでいくのでアニメである必要・・・?みたいな感じになった。オリンピックの影響などで放送日がずれ込んだりしたが、1週遅れくらいで終わった。


進撃の巨人 SEASON3 良
通算4期目。エレンの出生の秘密や、ヒストリア周りの王家・旧王家のいざこざなどを中心に描かれた。中途半端なところで終わるな・・・と思っていたら次回予告で演出が入り、分割制作であることがわかった。カバネリの映画で忙しいもんね・・・



ということで秋の半ばに夏クールの感想でした。わりと不作な感じですかね。1番おもしろかったのはと聞かれるとイマイチ浮かびませんが、おもんなかったのはと聞かれると夢王国かロードオブヴァーミリオンのどちらかだと言えます。今期は毎日書いているのでまとめは書かないかもですがまぁ年末に何かは書くのではないでしょうか。

というわけで夏の打線です。
2018夏クール打線
二 雨野狭霧(ゆらぎ荘の幽奈さん)
中 古手川千紗(ぐらんぶる)
一 松坂さとう(ハッピーシュガーライフ)
左 トーマス・紅愛(はるかなレシーブ)
指 神楽ひかり(少女☆歌劇レヴュースタァライト)
遊 石澤望+倉石(はねバド!) 
三 オリヴィア(あそびあそばせ)
右 御原玖音(ISLAND)
捕 春原菜々(すのはら荘の管理人さん)
投 シェラ・L・グリーンウッド(異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術)
監督 倉石(はねバド!)

という感じでした。組めなくはない。監督は今期やりたかっただけです。今期も頑張ります。








スポンサーサイト

2018夏アニメまとめ 土曜日

ゆらぎ荘の幽奈さん 良
XEBECのお色気アニメということではずれることはないだろうという感じだったがちゃんとしていた。戦闘を添え物にしてしょうもないエロシーンに持って行くやり口、そのエロシーンのクオリティともに申し分ない。時折覗く高見明夫イズムな足の太さもよかった。健全。このクール推されていた島袋美由利さんが主役だったが、他がだいぶ強かったので印象に残らず可もなく不可もなくという感じだった。


はたらく細胞 良
タイトル通りの細胞の体内での動きを擬人化して動かしたアニメ。david productionが制作ということで、たまに挟まるCGでの表現とかはうまくできていると思ったが、話が平坦すぎて特に印象もないままに終わっていく感じがしておもしろいとは言い難い。CMでめちゃくちゃメディアミックスしているというのをやっていて、そんなに人気あるんかこれ・・・と思っていたらちゃんと売れていて世情と自分の乖離を感じた。


PERSONA5 the Animation 良
2クール後半。キャラも増え、人間関係も複雑になっていく中でうまいこと各キャラを動かせていたように思う。エンドロールで28話くらいまで表示されていたので、すわ3クールかと思ったが普通に26話で終わりと表示されていてこれじゃあ尺たらなくない?と思っていたらこれも特番で再放送のやつだった。なるべくならクール内できっちり終わらせてくれた方が見やすいし評価も高い。



音楽少女 可
キングレコード枠のアイドルアニメ。主人公がマネージャーという入りだけが新しい感じがしたが、他は女性アイドルアニメというよりは男性アイドルアニメ寄りの内容を女の子がしているという印象だけで割と虚無なアニメだった。2013年から動いていたプロジェクトらしいが、内容まで古臭くなくても・・・と思った。



百錬の覇王と聖約の戦乙女 駄
ヤバいと言われているディオメディアを超えるポテンシャルを持つEMTスクエアード制作のラノベアニメ。高橋ナツコさんの脚本とヤバい作画が相まって、こいつらいったい何を目的にこういう行動してんだ?みたいな画がものすごく多かった。特に最終回の終わり方が全てを投げ捨てていたのが印象的。現実世界は果たして必要だったのかなど疑問点しかないアニメだった。



はるかなレシーブ 良
今期きらら枠のビーチバレーアニメ。窪岡俊之さんが久々に監督をするアニメということでどんな感じになるだろうと思って見ていた。前半はわりと間を取りすぎている感じがしたが、後半はその間がうまく機能して展開を盛り上げていたように思う。スポコンかつ基本的に水着なのでアツい展開とともに健康的なエロスを感じられた。男が出てこないので百合百合していたのもよかった。このアニメにも島袋美由利さんが出ていたが、メインどころなのにあまり喋らない役だったのでこれまた印象に残らなかった。OPとEDがなかなか始まらなかったのは意図的なのか単に遅れていたのか。どちらにせよいいアニメだった。



ハッピーシュガーライフ 良
ガンガンJOKER連載の百合サスペンス?作品。制作は聞いたことのない絵空だったが、スタッフは聞いたことのある人ばかりだったのでそれなりに安定していた。まーたこの久野美咲さんかよ・・・と思ったら変化球だったので見事に空振り三振させられたので自分の中で評価が上がった。メインの登場人物は基本的に狂っていて、唯一の良心的なキャラが口封じに主人公に殺されてしまい、そのシーンをじっくりやってくれたので思ったよりちゃんとしてんなぁとなった。原作が終わっていないのにどう終わらせるのかと思ったが、きっちりアニメなりの終わらせ方をしてくれたので良かったのではないかと思う。



ぐらんぶる 良
バカとテストと召喚獣の井上堅二さん原作のgood!アフタヌーン連載の漫画のアニメ化。制作はゼロジー。バカな男子大学生とかわいい女子大生がダイビングと飲酒をするアニメ。飲酒からのしょうもないギャグが持ち味だったのだが、3話くらいから登場人物は全員成人しています的なテロップがものすごく大きくなったのは世間体だろうか。しかしそれからも基本的にギャグで後半たまにダイビングという流れは安定していた。中途半端なところで終わってしまった感じがあるが、続きは厳しいだろうか。



少女☆歌劇レヴュースタァライト 優
ブシロードの舞台プロジェクトのアニメ化。制作はキネマシトラス。とにかく作画が良く、特に地下舞台でのレヴューシーンは見事。展開も謎がだんだんと明らかになっていく仕様。その際にキャラも掘り下げられるのでキャラの個性もわかりやすい。舞台版を観ていなくてもアニメでまとまっているので舞台を見ていなくても大丈夫だと人づてに聞いた。知り合いと言ってしまえばウテナだが、その中でも劇場版意識だよねという話もした。自分はやっていないが、スマホゲーム版がアニメの続きらしいので気になる人はどうぞ。



七星のスバル 駄
ガガガ文庫のライトノベルのアニメ化。制作はラルケ。SAO+あの花という1話からの印象を変えられずに最後まで走ってしまった感じ。しかもその2作には顔を向けられないほどの内容である。重要キャラっぽいキャラに焦点が当たるのが遅かったり、そもそもキャラがどこかで見たことあるのばかりだったりとオリジナリティというものがかけらも感じられなかった。原作が終わっていないのもあるが、綺麗に分からないことを投げ捨てて俺たちの戦いはENDをかましてくれて変な顔になった。amazon限定とかいう謎の商法をした結果58枚という初週売り上げからも内容はうかがえるだろうと思う。


ガンダムビルドダイバーズ 凡
2クール後半。大張さんはやはり作画は最高だが監督を刺せてはいけないと思う。



メジャーセカンド 良
2クール後半。続きをうかがわせる終わり方だったのでその内2期がくるのではないかと思う。ちなみに今この枠でやっているラディアンはわりとおもしろい。



僕のヒーローアカデミア 良
3期2クール後半。他校との交流や爆豪と出久のタイマンなど見どころが多かったと思う。ボンズも忙しいのか、途切れ途切れだが基本的に作画は崩れないのもいいと思う。


土曜日はめちゃくちゃ量が多いので書きたくなかったのですが、思っていたより少ない感じがしました。多分感覚が麻痺しています。後半雑なのは許してください。









2018夏アニメまとめ 金曜日

いきなり続きを書きます。もう秋クールも半ば・・・

シュタインズ・ゲート ゼロ 良
2クール後半。途中で作画があやしくなり、結局力尽きるということもあったが、結果的に失敗した岡部倫太郎の心理や環境などをきっちり描き切れていたように思う。他のキャラに比べてかがりのキャラが薄すぎてどういうことかと思ったが、薄いからこそ活かせる動きをさせられていたのもよかった。


重神機パンドーラ 凡
2クール後半。各キャラを立たせようとしたがことごとく何とも言えない感じになってしまっていた。裏切ったと思ったらそうでもなかった津田さんのキャラ(ダグ)が本当に一旦敵っぽくなった意味が分からなかった。東山さんのキャラ(クロエ)が妹的位置にずっといたのに、途中からただのオペレーターと化していたのもどうにかならなかったのかという感じ。


ハイスコアガール 良
J.C.STAFFのフルCGアニメという意欲作。レトロゲームというテーマを扱う上でもいい感じのテイストになったように思う。色恋沙汰に発展した上に原作もアニメとともに終わるということでどう終わらせるのかと思ったが、まさかの冬に持ち越しというところで少し評価を落とした。ちゃんと終わらせてくれていたら優だったか。


アンゴルモア 元寇合戦記 凡
元寇時の対馬での日本側の戦いを描いた作品。謎のしわが入ったような下絵に時代背景が合っていてよかったが、4話くらいから作画がめちゃくちゃで話が頭に入ってこなかった。天皇が出てきた意味とかほぼ分からなかった。死ぬとはわかっていたがメインどころっぽいキャラたちがアイツは死んだよ程度で流されていたのもうーんという感じ。時間が足りなかったのか、単に技量がなかったのか。

殺戮の天使 凡
ノベルゲームのアニメ化っぽいアニメ。ニコニコ動画で流行っていたらしく、少し前にやっていたメカクシティアクターズっぽいキャラ造形だった。登場人物が少ないので話は分かりやすかったが、わかりやすいといえども飛躍しすぎなところが否めない部分が多かった。しかもこれもネット配信で最終回なので評価は落ちる。キャラの掘り下げなどはちゃんとしていたのでまぁ。


京都寺町三条のホームズ 凡
京都を舞台に越してきて間もない少女とホームズの異名で呼ばれる勘の鋭い若い鑑定士を中心としたミステリー。制作がセブンということで嫌な予感はしていたがちゃんと作画がめちゃくちゃだった。また、「京男はいけずなんやで」というキメゼリフの通り、コイツ面倒くせぇなとなる鑑定士がうるさかった。ミステリー要素もえぇ・・・みたいな感じのやつばかりだったのでいい印象がなさ過ぎる。


あとは再放送の暦物語となぜか書き忘れていたので書かなくていいやとなっているブラッククローバーの3クール目も見ていました。金曜は暦物語が一番面白かったとか言ってはいけない。
頑張って土曜日と日曜日も書こうと思います。








2018夏アニメ木曜日

すのはら荘の管理人さん 佳作
おねショタものと言っていいのかどうかわからない、一迅社作品。どことなくGJ部を彷彿とさせるが、GJ部はこれよりだいぶ面白いので見てほしい。
ショタが言うほどおねを要求していないし、一番恋愛に発展しそうなキャラがロリっぽい会長というところで何とも言えないもどかしさを感じる。エロ方面に寄った回もあったが、何とは言えないが違う感じがした。
主人公に対して必要以上に甘やかしの度を超えた、暴力的ともいえる行為が多かった気がするのでそこが気になったのだろうか。作画などはちゃんとよかったので、自分に合わなかっただけだと思いたい。


天狼-Sirius the Jaeger- 優
P.A.WORKS制作のオリジナルアニメ。
特別な一族に生まれた主人公と、その一族を滅ぼした因縁を持つ吸血鬼との戦いを描いたストーリー。
話自体は王道だが、とにかくアクションシーンを中心とする作画が良かった。何か変化球が欲しいと感じたが、後半になるにつれて吸血鬼化してしまった兄となにかホモくさいやり取りが増えていったので、そういうのではないんだなぁと思った。
そういうところを気にせず、わかりやすくて作画がいいアニメを見たい人にはオススメ。


Free!-Dive to the Future- 優
京都アニメーション制作の男子水泳アニメの第3期。
大学生になり、第1話で水泳部の女子大生も描かれていたがちゃんと第1話だけでそこからはずっとホモだった。小学生時代を描いた劇場版に登場したキャラクターたちとも交流するようになったため、関係性が広がったが基本的にカップリングは変わらず、わかりやすかった。なんとなくホモは百合よりも一途な気がする。
新キャラクターだと、木村良平さんが演じるホモがとてもネチャネチャしていてよかった。途中で改心してしまうがそれからもホモなのは変わらないので陰と洋のホモを演じ分けられていてうまいなぁと思う。
2020年に続くみたいなことを最後に書いていたが、東京オリンピックを示唆していたのか普通に続編を作るのか。たぶん後者だろうけども。

夢王国と眠れる100人の王子様 駄作
スマートフォン向けパズル乙女ゲーのアニメ化。
キャラの魅力をわからせる気もなければ話の内容も全然わからない、いったい誰に向けて作っているのかわからないアニメだった。脚本が高橋ナツコさんの時点である程度察しなければならなかった。
乙女ゲーアニメというと、主人公の女の子がかわいいというイメージだが、この作品は極めて凡庸な女の子だった。
なんかファンシーなマスコットキャラがいて、動物に間違われるたびに僕は~ではありませーん!というのだが、なんとなくアルカナ・ファミリアというアニメで小さい方の主人公が僕のことをヒヨコ豆と呼ぶな!と言っていたのを思い出した。
何あれ、とりあえずつまらなかったので見ない方がいい。


BANANA FISH 良
吉田秋生さんが80年代半ばから90年代前半にかけて連載していた漫画原作のアニメ。ノイタミナ枠の2クール前半。
人気作らしく何度か舞台化やラジオドラマ化されているらしい。門外漢だったのでスタッフが豪華なことくらいしか知らなかった。
バナナフィッシュと呼ばれる薬物をめぐり人生を狂わされた少年ギャングと日本人の少年を中心に巻き起こるストーリー。過去の作品なので幾分か現代化されている部分はあるが、暴力やドラッグといった部分はそのまま生々しく描かれており、血も流れれば人も死ぬのでBPOにバカが苦情を入れそうだなと思った。
作画もよく、引き込まれる内容なので後半も楽しみ。



木曜日も多かったですね。金曜土曜はもっと多いので書きたくないですが少しずつ頑張ります。

2018夏アニメまとめ水曜日

オーバーロードⅢ 佳作
1クール空けての3期。
1話は求めていた臣下とのイチャイチャだったが、前半から半ばまではゴブリンの中でイチャイチャする2人が描かれ、後半でアインズ様人間界侵略開始から国家建国までが描かれた。
結局アインズ様はどこまで力をもって何をしたいのかがイマイチわからないのではっきりさせてほしい。2期と違って4期の発表がなかったので普通に終わりなのか、とりあえず時間を置くのかというところだが、終わり方が集中線アインズ様だったので流石に続編は作るのではないかと思う。


水曜日これだけですね・・・
再放送のガンゲイルオンラインと魔法少女俺と夏目友人帳も見てましたが新規アニメはこれだけでした。
秋も幼女戦記とエロマンガ先生の再放送だけなのでBSフジとBSテレ東に期待です。どうでもいいですが10月からBSJAPANからBSテレ東になってて二度見しました。

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム