FC2ブログ

W'z 3話 Cafe CUP PUCk

元ハンドシェイカーのコヨリとはジグラートに行けなかった前回。両親がアレだが養子なのだろうか。
アバンでタヅナくんが出てきてしまったが、バイクで旅をしている様子。ユキヤはコヨリの「Y'sの存在が世界に知られてしまった」という言葉を気にしてジグラートでプレイした動画を削除してしまった。学校ではハルカを放課後に話があると言って呼び出してハルカをやきもきさせるが、話の内容は動画を削除したというものでハルカはがっかりする。音楽を聴いてほしくて動画を上げ始めたのにコメントを見るのが怖くなって「噛み合わない」と言いだすユキヤを慰めるハルカだが、ユキヤの本当の相談は動画を消しても拡散されてしまうということだった。マサルに加えてリリ(CV茅野愛衣さん)がハヤテ(CV石川界人さん)とチヅル(CV上坂すみれさん)の経営する喫茶店にやってきてコーヒーを飲んでいた。そしてコヨリもやってきて、バイトをしていたセンリは今日は上がっていいとチヅルに言われる。ハンドシェイカー同窓会と銘打っての会合は参加できないタヅナの話などで盛り上がっていたが、そこにユキヤの父親レイジロウが現れてマサルにつっかかる。Aパート終了。マサルとリリ結婚してたのか・・・
Bパート開始。レイジロウはマサルにユキヤがハンドシェイカーだと教えたことに怒っていたが、ハヤテのコーヒーを飲んでとりあえず落ち着く。リリとユキネは双方ユキヤを思っての行動なのだと優しい目で見守っていたが、ナガオカとマユミを探し回っているタヅナやY'sとして知られてしまったユキヤを守る話でマサルとレイジロウの話は平行線。ユキヤはやはり養子であり、ジグラートで見つかったらしい。現世とジグラートを行き来できるユキヤの能力を使ってナガオカとマユミを探そうというマサルの考えと、ユキヤとジグラートをなるべく触れ合わせないようにしたいというレイジロウは反駁し合い、レイジロウは結局許可を出さずに帰ってしまう。気が弱くて友達がいない「弱い」ユキヤを戦わせたくないと語るレイジロウに、ユキネはユキヤがしたいようにさせてやるべきではないかと話す。ユキネはレイジロウに久々に大声で罵られたと興奮しており、夕飯のすき焼きの買い物をして帰ることになった。ユキヤは結局コヨリの誘いでハヤテの店に来てしまい、元ハンドシェイカーの集いの中で自分の身の振り方を考えることになる。そしてコネクトやガイ&マサタカも動き出そうとしていた。以下次回。
ハンドシェイカーを見ていてもわからないかもしれないが、見ていないと完全にふわふわな状態になるのでやはり最初から続編と言っておくべきだったと思う。マサルとリリはまさかの結婚だった。そしてサブタイトルの大文字小文字の入り混じり方にイラっとする。










スポンサーサイト

マナリアフレンズ 1話 アンとグレア

神撃のバハムートのキャラのスピンオフアニメ。制作はCygamesPicyures。自社でアニメスタジオ持ってたのか。
マナリア魔法学院に通うアン(CV日笠陽子さん)と竜族のグレア(CV福原綾香さん)はどちらもお姫様だが、アンは人好きのする性格でグレアは引っ込み思案と性格は正反対。しかしアンはグレアが気に入っているようで、いろいろグレアに話しかけてグレアもたどたどしいながらも受け答えをしていた。母親がこの学院出身であり、人と竜のハーフであることからこの学院に通い始めたというグレアを愛でているとルゥ(CVこやまきみこさん)が慌てた様子でやってきて、アンを連れ去ってしまう。連れ去られた先ではハンナ(CV水樹奈々さん)が炎の精霊の力を抑えられずに困っており、アンは許可を取って精霊を封印して凍らせてしまう。ハンナはマナリア魔法学院の生徒会長だがこのような事態を引き起こしてしまったことを恥じており、その力になれなかったアンもなんとなく落ち込んでかなり時間が経ったグレアと朝食をとったテラスに戻る。しかしグレアはまだ待っており、ずっと待っていたことに驚くアンだが、グレアは「でも、ちょっと、待たせ、すぎ」朝から何も食べていないアンはグレアと甘いものを食べに行くのだった。以下次回。
とりあえず作画がよくて着替えがエロかった。そして異種族百合なのでいいところを突けそう。次回は「竜姫悶える」エンドカードは恩田尚之さん。これまでのバハムートシリーズのキャラデの人だ。










上野さんは不器用 3話 実験その5 キルトハイド/実験その6 ガラクたん

やっぱり上野さんよりサイコパス田中が悪いのではと思わされた前回。尻を叩くんじゃないよ。
上野さんたちのいる理科室に北長さん(CV戸松遥さん)がやってきて、上野さんに頼んでいた何かを受け取った。付けておくだけでいいという謎の発明品を受け取ると、北長さんはジャージの下に着ていたスクール水着を脱ごうとし始め、上野さんは焦る。止める上野さんを煽る北長さんだが、田中はどういうことかわからずに説明を求める。北長さんの所属する水泳部では最近覗きが出ているらしく、上野さんの発明したキルトハイドは胸や股間をとりあえず隠す装置のようで、北長さんは田中で試しておこうとしたのだ。山下に本で視覚を奪われた田中だが、北長さんは結局脱いでしまい、田中はキルトハイドの効果で謎の黒い四角で局部は見えないことを確認する。しかし積極的な北長さんが近づいてくると田中のサイコパスが発動し、実際に触ってみようとしだして理科室は悲鳴でいっぱいになる。そんなこんなで北長さんはクラスでの様子と違う上野さんを見てキルトハイドを忘れて帰って行った。Aパート終了。
Bパート開始。最新発明ガラクたんで作り出した水を田中の前で飲み、「銀河の味~!」と謎のテンションの上野さん。田中にも飲んでみるよう勧めるが、田中は上野さんの飲みかけではなく新しい水を取り出して飲んでしまう。上野さんは自分の飲んだ方を飲むように言うが、田中は上野さんの飲みかけは自分も嫌だし上野さんも嫌だろうと返す。上野さんは田中の飲みかけなど飲み口をベロベロできると強がるが、結局飲めずいつも通り噛み合わない2人だった。以下次回。
前半で田中のことを見直しかけたがやはりサイコパスを発揮し始めた。しかし上野さんだけに発揮されるものではないとわかったのはいい情報なのかどうなのか。









賭ケグルイ×× 2話 百喰一族の女たち

なんだか突然戦いが始まっていたが当然のように相手が夢子におびえてしまった前回。EDでは超常現象を操るレベル。
百喰一族が綺羅莉に集められた中、とりあえずその中の代表っぽい車椅子の少女・等々喰定楽乃(ととばみてらの CV潘めぐみさん)が怒りながら状況を解説してくれた。生徒会長の座とともに政財界にも大きな影響力のある百喰一族のトップの座も賭けた戦いをすることになったらしい。大変だ。ルールは生徒1人に1枚与えられたチップを一番多く集めた者が生徒会長になるという単純なもの。夢子は現金での戦いでないことを残念に思いながら、豆生田から奪った30億円を賭けに使う種銭と軽く扱っており、鈴井はいつもながら震えさせられる。芽亜里は百喰一族が学園に転入してきたことを掴んでおり、夢子に何か関係があるのかを問いかけるが、夢子はぼんやりとした返事を返すのみ。百喰一族の中でも夢子のことが話題に上がり、お世話係を自称する×喰零(CV朴璐美さん)が彼女も百喰一族に連なる者だと紹介した。生徒会選挙に芽亜里が何か乗り気でない中、夢子のところに×喰が現れて何者かからのギャンブルの誘いがあったと報告に来て、夢子は詳しく聞かずに嬉々としてその誘いに乗る。Aパート終了。
Bパート開始。誘いは前回冒頭から出ていた蟲喰からだったらしく、そこには共に誘われた妄がいて夢子は嫌な顔をする。そこから前回の泣きだしてしまった蟲喰の場面に飛んだ。すごい構成。とりあえず切ることは開始したが、いくら本数が減っても嬉々として切り進める2人に恐怖が止まらない蟲喰。最後の3本になり、蟲喰はこいつらは最後の一本になっても指を抜かないのではないかと思い躊躇してしまう。そこを夢子と妄に蟲喰家の稼業である拷問を挙げてバカにされ切ってしまうが、まだ刃は落ちてこない。しかし妄は残る2本の糸を同時に切断。蟲喰は驚いて指を引き抜いてしまい、妄は蟲喰になぜ刃を止める鉄板があるのかと文句を言い始める。妄は夢子にもその仕掛けに文句があるだろうと話を振るが、夢子は2分の1という奇跡的な確率になったのに賭けをおじゃんにしてしまった妄とはもう2度と顔を合わせたくないとものすごい表情で言いつけて絶望させ、それに対して最後まで賭けを降りなかった蟲喰に対しては称賛を送った。結局は夢子の勝利に終わり、夢子のチップは3枚になった。そんな中で生徒会選挙をくだらないと言って中心から離れていた芽亜里の元に副会長が声をかけてくる。以下次回。
普通に蟲喰が夢子に食われてしまっていたが、妄が余計なことをしたおかげで一応の体面は繕う形になった。芽亜里が何らかの形でやる気を出す流れにならなければいけないが、どう進めていくのかというところ。そしてまた怒られた妄は復活できるのか。次回は「この女触れるべからず」











デート・ア・ライブⅢ 2話 私を見つけられる?

新たな精霊・七罪になぜか恨まれてしまった士道。作画は諦めよう。
アイザック(CV置鮎龍太郎さん)が日本で好き勝手したことでDEM社の立場は揺らぎ始め、怒った役員は多数決で彼を降ろそうとするが、手を挙げた役員たちの腕は斬り落とされて承認は0ということになってしまった。作画がアレなので滑稽すぎる。七罪の提示するゲームを琴里と令音(CV遠藤綾さん)と考える士道。今回は琴里もラタトスクの指令本部から外され、士道は12人とデートをして違いを見定めることになる。まずは十香とデートをする士道は完全に十香だが、とりあえず七罪として扱ってみる。しかし彼女は怒り始めてしまい七罪とは誰かと士道を責め立てる。彼女の機嫌を取るためにランチに誘うが、彼女は大好きな食事のはずなのに浮かない様子。士道もラタトスクも疑いの目を向けるが、彼女は前日のテレビに影響されただけで、士道が健啖家が好きだと言うとすぐに食べ始めたので十香だろうことがわかった。次は四糸乃とのデートであり、彼女はハロウィンモードでやってきた。Aパート終了。
Bパート開始。士道はハロウィンの格好をしてきた四糸乃にホットケーキを作ってあげ、四糸乃はホットケーキは初めてだと喜ぶ。ついでに初めて会った時の記憶を聞くが、士道のものたがわないものだった。あ~んからのほっぺペロッで帰って行った四糸乃もシロとして次は殿町だがカットされた。次は夕弦の番だが、彼女は夜に1人で呼び出されたことを不審がっていた。しかし士道がたまには2人でと弁明すると彼女は機嫌を直して2人でのデートを楽しみだす。夜景を見ながら夕弦と耶具矢のどちらが好きかと問いかけてくる夕弦に士道はどちらも大事で選べないと答え、ヘタレだとバカにされる。ならばどう答えればよかったのかと問いかけると、耶具矢と答えたなら喜んでおり、夕弦と答えたら怒っていたと返された。もし耶具矢とデートをして同じ質問をされたら絶対に耶具矢と答えろと念を押され、耶具矢はなぜ夕弦を選ばないのかと怒りながら心中はでは喜んでいるはずであり、耶具矢が好きなものは自分も大好きなのだと答えて赤くなって帰って行ってしまった。次の日は琴里とのデートから始まることを確認して寝る士道だが、その夜に七罪が夕弦を消してしまったことが次の日耶具矢が気を動転させながら五河家を訪れて判明する。しかし士道ができることはデートを続けることだけだった。以下次回。
夕弦が消えてしまうのでかなり優遇されていたが、逆に良かったと思う。次回は「七罪はお前だ」










プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム