FC2ブログ

RELEASE THE SPYCE EPISODE:003 モウリョウ

特訓して強くなって月影の一員になったモモ。サブタイトル的にいよいよ敵との戦いか。
アバンではついに初任務だと知らされる。しかしその内容は情報を引き出すための人質役だった。その後も競馬場と思しき場所での薬物取引の捕り物で持ち場を離れるなど、正直モチベーションの上がらない仕事でミスが増えるモモ。このままではいけないと一念発起し、その薬物繋がりの仕事で潜入捜査を買って出る。しかしよかれと思った策が裏目に出てまたミスをしてしまう。雪に責任を取らせる結果となってしまい本格的に落ち込んでしまう。敵側のモウリョウでは月影にいるという内通者の話から、次の現場にはCV鈴木愛奈さんの傭兵・白虎が出張ってくるというところでAパート終了。
失敗続きで落ち込むモモを励ます会を催してくれる五恵と楓。みんなで1つという言葉に励まされ、やる気を取り戻すモモ。任務が始まり、そこにはちゃんと白虎が現れ、モモと楓で相対することになる。負け知らずを自称しスパイスを服用している白虎に苦戦する2人だが、なんとか倒すことに成功。本部に連れ帰り、情報を引き出すことになった。しかしここ数日の記憶を消す作用のある薬を飲まされていたらしく、あまり情報は得られなかった。その少しの情報から、ある科学系の会社があやしいと目星を付けることに成功し、師匠にもほめられて自信を取り戻したモモ。しかしモウリョウでは新たな技術を加えられた傭兵が準備されていた・・・以下次週。
おもしろいかはよくわからないが話は分かりやすい。どう盛り上げるかという問題が一番の課題か。
関連記事
スポンサーサイト

ひもてはうす 3話 傷つくことは恐くない

なんか能力使いまくってたけどしょうもない目的だった前回。しょうもなくない回はないだろう。
女子力がどうとか言い出したが、長女がそういう人って別に男の人にモテなくないと言っていてその通りだと思った。女子力ってなんだ。ということで女子の中の女子力ではなく、男性の求める女子力を求めていくことになった5人。分析したところ、男性の都合のいい女になってしまった。先週も使った相席居酒屋的な場所に行き実践するがちゃんとずれた行動をしてしまう。長女のグローバルトークの内容が先週の使いまわしだった。多分脚本のあるパート終わり。
Bパートはネオ風水とやらに感化されたたえに振り回される他のメンバー。まだ脚本っぽい。色々やったおかげで泥棒に入ろうとしたヤツを退治できたというのがオチだろうか。フリーパートはパンストについて語らされる上坂すみれさん。パンストは表皮らしい。
しょうもない役は全部田丸篤志さんがやらされていた。エンドロールの絵的にサブタイトルはスレイヤーズ関係だったらしい。多分来週もだ。
関連記事

ガイコツ書店員 本田さん 3話 仁義なき戦い/漫画迷子

担当やら仕事の内容やらの話だった前回。今回はサブタイトルから推し量れない。
CMで作者のほかの作品の宣伝をしているのは少し笑ってしまう。全然違う話になるが、アニメ・ブラッククローバーの最中のCMでロボ・レーザービームのことをまだやっているのは笑ってしまう。
今回は各社からの営業さんあるあるのようだ。発注が多すぎたり足りなかったり、本に付けるおまけが発売日に届かないなどの問題があるらしい。作品の出版社であるKADOKAWAのことだけ妙に細かく触れてくる。フランス漫画界の偉い人をわざわざ本人に声優をさせて出してきてよくわからんままAパート終わり。最後必要か?
Bパートは~巻以内、~な内容など特定して書店員に質問してくるお客さんについての内容。わざわざ質問してくる客は意外と多いらしい。ググればいいのに。Bパート終了。
声優さんが早口で頑張っている。(よかった探し)
関連記事

アニマエール 3話 チア同好会、恋の応援

よくわからんけど渋っていた友人をチア同好会に入部させることに成功した前回。今回は同好会の初めての活動らしい。
アバンではやる気を見せるこはねだが、テスト期間で部活動は停止中らしい。わりと学業に力を入れている学校のようだ。本場アメリカでは知力体力に秀でた女性がチアをやるとひづめに諭されたこはねは勉強を頑張ろうとするがどうにも力が入らない。しかし、顧問などの問題も成績がよくなれば解決するかもと宇希にいわれたこはねはなんとかしようと頑張る。なんとかテスト期間を終え、部活に向かおうとするこはねだが、付け焼き刃ではどうにもならず、ちゃんと補習になってしまった。体育館の隅で練習をしようとするが、各部活動に割り当てられた場所があるらしく、まともな場所が見つからない。担任の先生に相談しに行くが、3人がそろったことで同好会としてのていが整ったということを伝えられAパート終了。
Bパートでは少しいわくつきの旧視聴覚室を活動場所として割り当てられ、なんとなく応援の練習を始めた3人。同好会になると宣伝も許されるようになり、それを見たクラスメイト2人が応援を依頼に来る。名前に動物系のものが入っているので主要人物だろうか。恋愛の応援をしてほしいらしいが、恋愛相談のようになってしまう。その過程で恋の相手は家庭教師の女子大生だということが判明するが、こはねはそれでも応援し、相談の甲斐あってうまくいったようだ。チアについて興味を持ってくれたようだが、家庭科部に入って料理を頑張りたいと言われ断られてしまった。しかし、付き添いの気弱な女の子は興味を示しているようで・・・というところで次回へ。
なんとなく下地は整ってきた気がする。作画や声優さんはいいので、話で余計なことをしなければまとまりそうではある。
関連記事

となりの吸血鬼さん 3話 吸血鬼学校へ行く

キャラが増えたがイマイチパンチの足りない感じだった前回。今回は学校へ行くらしい。どうでもいいが、読点がないので吸血鬼学校というところにソフィー(と灯)が行くみたいなサブタイトルになっており、そうではなさそうな感じがするが本当にそうだとしたら後で謝りたい。
先週出てきた灯の友達のひなたの家に遊びに行くことになった2人。家に入る時に躊躇したが、家に招かれなければ入れないみたいな縛りではなく、「友人の家」というものの感慨にふけっていただけのようだ。そこはそうであれよ。ひなたの弟のひかげの存在から、家族についての話に花を咲かせる灯とひなただが、360年生きているソフィーにはもう家族はいない。そんなこんなで家族ごっこをしたり、ペットの話をしたりする3人。盛り上げようと空回る灯だが、家族の話にしてしまったことに引け目を感じていたらしい。弟のポテチを勝手に食べたことを怒られAパート終了。何とも言えない。
Bパートでサブタイトルの学校に行くはず。漫画雑誌で女子高生の生活に思いをはせるソフィー。そんな中、灯が弁当を忘れて届けに行くことに。ひなた以外の灯の友達の夕と朔夜も紹介される。関係者の名前にはみんな明暗を表す言葉が入るっぽい。そんな感じなので多分モブキャラの山田さんが急用で授業に出られず、日が暮れるまでの時間つぶしに代わりに出ることになった。なんだかんだでやり過ごし、日が暮れてから学校帰りの寄り道をして青春を感じて今回終了。
キャラは少し増えたがやはり盛り上がらない。来週は今週カメオ出演したソフィーの友達の吸血鬼が出るらしい。
関連記事

ウチのメイドがウザすぎる! 3話 うちのメイドが忍び寄る

2人きりのキャンプでなんとなく仲良くなった前回。今回は忍び寄るらしい。
アバンでは路上の幼女につられるつばめだが、それを見てミーシャが学校に行っていないことに気づく。婚姻届の妄想だが、自分が旦那なのか。ロシア人なので学校に行かなくていいという嘘をつくミーシャだが、家に届くプリントなどを見て嘘はすぐにばれる。父親に確認するが、母が生きているころは頑張って通っていたが、亡くなってからは不登校らしい。外見やらで遠巻きにされるのは青春ブタ野郎と共通する部分があった。外見が目を引くことは最初は仕方がないことで、内面は後から見てもらうものだとつばめに諭されなんとなく顧みるミーシャだが、使用トイレットペーパーの平均の長さを調査しているというエピソードで台無しになってしまった。しかしウザキモいつばめに日中粘着されるくらいならと学校に行くことを決めてAパート終了。理由が無駄にしょうもない。
Bパートでは早速学校に行こうとするミーシャだが、小学生っぽい格好をしたつばめが外で待ちかまえていた。当然はねのけて1人で学校に行くミーシャ。途中でプリントを届けてくれていた、一緒に飼育係をしていた子に出会い学校に行くが、一緒に育てていたハムスターは先生の余計な気遣いによりネズミ算式に増えていた。病気という建前があったのでスムーズに復帰できた。結局我慢できなくなったつばめはハンググライダーを用い、開幕でしていた小学生ルックで学校に潜入するが、ミーシャは増えすぎたハムスターについて学級会を開くほどの人脈を得ていた。飼育係の子は鷲崎みみかというらしい。難しい名前だ。その様子を小学生ルックで見ていたつばめはちゃんと捕まって家に確認の電話を入れられて登校おめでとうパーティは開催されずに次週へ。あまり忍び寄っていなかった。先生のCVは南央美さんぽいなと思ったら新谷良子さんだった。久々。エンドカードはこどものじかんで有名な私屋カオル先生だった。
テンポがものすごいししょうもないのでニコニコして見ていられる。個人的にEDの曲と映像もいいと思う。
関連記事

BAKUMATSU 3話龍馬アンサツ? 過去からの刺客!

真田幸村とかが幕末かどうかわからなくなる展開だった前回。そもそも期待はしていない。
龍馬による歴史改変を用いた天下取りに異を唱える高杉。夢幻斎と同じ方法では敵と同じと言い、袂を分かつ結果となってしまう。桂に諭され、龍馬との思い出にひたる。日本の変化、新しくおもしろい日本について語ったことを思い出したが、時間軸がずれたこの世界の龍馬にはその思い出があるかどうかには疑問が残る。そして龍馬と以蔵の元には清明が助けを求めに来たというところでAパート終了。マジでめちゃくちゃだ。助けてくれ。
龍馬と再び話し合う決意をし、桂を連れて合流を目指す高杉。清明だと思っていた若者はなりすましの夢幻斎配下の12将の1人である松尾芭蕉だった。助けてくれ。一応松尾芭蕉は忍びだった説みたいな説明は付けてくるがマジでめちゃくちゃである。分身したと思ったら兄弟だったらしい。幸村組が助けに来て倒される松尾芭蕉。その後のやり取りで、龍馬にも新しくおもしろい日本についての記憶があることを確認し次回へ。
マジで面白くないし作画がアレである。助けてくれ。
関連記事

学園BASARA 3話 嵐を呼ぶマウンド/ワルの花道

なんだかしっちゃかめっちゃかだがとりあえず全員の顔見せは終わったっぽい前回。サブタイトル的に野球回か。
対外練習試合でボコられて元気がなくなってしまった政宗。どうにかして元気を出させようとする小十郎をはじめとする野球部一同だが、政宗は失意のままである。その混乱に乗じて大谷吉継に徳川との戦いの火種をまかれる。結局謎の競技で争う両軍。火元を思い出そう。なんとなく復活した政宗が復帰して仲直りしてAパート終了。何がしたかったんだ。
Bパートは幸村の実直すぎるきらいをなんとか若者らしくしようとする利家(と佐助)。オヤカタサマー!にも諭されちょっと悪くなる決意をする幸村。沢城みゆきさんの幼女が出てきたが、休養前に録り終えられてよかったね。様々な悪さを考えるが、生来の気質もあって逆に悩んでしまう。佐助がなんとかなぐさめて元気を取り戻した幸村は廊下を走ってオヤカタサマー!に報告しに行くが、それをワル扱いされて歓喜の殴り合いで終了。
どうしても面白くないので、感想を書くことを考えるならば前の1時間と入れ替えてほしいのが正直なところ。
関連記事

色づく世界の明日から 3話 No Rain,No Rainbow

急に昔に飛ばされて色々誤解もされたが、それも解けて周りの人たちが優しくしてくれるようになった前回。今回は少し歩みだせるか。
写真美術部に入るのを渋っていたのは、自分が色を認識できないのを鑑みてのことだったらしい。魔法をまた見せる約束をしたことを思い出し、実質曾祖母の瑠璃さんに少しずつ教わる瞳美。新入生向けの部活紹介で写真美術部に顔を出すが、その中で絵を描くことになってしまう。独特の色使いでクマのぬいぐるみを描くが何とも言えない反応をされる。写真美術部になったのは、美術部が唯翔1人になってしまうから合体させたらしい。プールにて新入生に活動を体験してもらうための写真撮影会を行うことになったが、それを取り仕切る部長が急な用事で不在になってしまった。そして役割がずれ込みモデル役がいなくなってしまうが、その場にいた瞳美がモデル役に・・・?というところでAパート終了。
Bパートではモデルを提案され拒否感を示すが、唯翔に決まった場所を歩くだけだと諭され受けることになる。魔法を使って水の上を歩くことになるが、それに使う星砂の色を間違えてしまいプールに落ちてしまう。そのことと部室での絵によって、色が分からないことを唯翔に気づかれてしまう。口外しないよう頼むが、部活に入るのも躊躇する結果になってしまった。次の日は徹底して写真美術部の生徒から逃げるが、お気に入りのお菓子ポポッキーを食べてちゃんと話さねばと部室へ向かう。誰もいない部室に違和感を覚え周りを調べると、昨日の事件でプール掃除の罰当番を受けている写真美術部の面々を見つけ、改めて入部を伝える。場面は変わってこの時代のおばあちゃんが帰ってくると思わせる描写で次回へ。
画面がきれいだし、話も澄んでいるのでいい気持ちで見られるアニメ。
来週からは録画していたゴブリンスレイヤーを見てそちらの記事を書くようにします。
関連記事

寄宿学校のジュリエット 3話 露壬雄とシャル姫

男装デートに成功したが、謎の人物が2人の仲を知ってしまった前回。今回はそのキャラの掘り下げだろう。
傍若無人なふるまいを見せるなんだか白い娘はシャルトリューというらしい。基本的にはシャル姫と呼ばれているようだ。ペルシアとの仲を公言すると脅され、彼女の命令に従わざるを得なくなってしまった犬塚。タイミングが合わずにペルシアにも言い出せず、要求もエスカレートしていく。なんとか彼女の弱みを握り返さねばと決意する犬塚でAパート終了。わかりやすい。
裏切りをとがめられ、黒犬の寮に入れなくなってしまった犬塚。蓮季のおかげでリンチまではいかなかったが、なんとか黒犬側の信頼を取り戻そうと奔走せざるを得なくなった。シャル姫の秘密を探ろうとシャル姫の部屋に潜入するが、失敗・・・かと思いきや、秘密の部屋を発見。シャル姫はペルシアのことが好きで、それをやっかんでいたらしい。シャル姫のペルシアコレクション写真をばらまいてしまいそれがペルシアに露見しかけてしまうが、犬塚の手助けによりなんとかバレずに済んだ。Cパートではなんとかペルシアとイチャイチャできるようになり、それをシャル姫に監視されてはいるが、なんとか手打ちみたいなことになり今回終了。エンドカードは山田くんと7人の魔女がアニメ化された吉河美希先生。
こういう作品別に嫌いではないはずなのになんとなく刺さっていない。理由がよくわからない。
来週からは録画していたSSSS.GRIDMANを見るようにしてそちらの記事を書きます。
関連記事

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム