FC2ブログ

東京喰種:re 第2期 18話 赫々たる FACE

カネキが新たなグールの組織・黒山羊(ゴート)を立ち上げ、平和裏にアキラとトーカ・ヒナミが和解した感じの前回。前回の次回予告ではニムラがフィーチャーされていたが・・・
先生(ハイセ)に対する好意を剥き出しにし、女であることを自覚するトオル。島から救出されてからもその想いはうわごとのように口から洩れる。有馬の死を機にCCGは揺れ動き、その中でいい位置に立つことに成功するニムラ。そのころ都内では謎のピエロの仮面をした集団が各区で自爆テロを開始。めちゃくちゃだ。ピエロの集団はグールのようで、CCGの面々が鎮圧に回る。亜門の後のを託されたジューゾーも奔走するが、ニムラは「全員ころちてくだちゃい」と内部で指示するに留まる。Aパート終わり。
BパートではウリエがSSレートのグール、神父を見つけ交戦。父が神父の因縁の相手であるために息子のウリエにも恨みを募らせているらしい。ピエロの中には口を縫われ脅されている人間もおり、駆除すればいいというわけではなくなり混乱する現場。ジューゾーも苦戦を強いられる。ウリエは苦戦の末に神父にグール因子を暴走させられる。暴れだそうとしたところをこれ以上身内から死人を出したくないサイコと交戦。「班長やろがい!」「見とるやろがい・・・見とる・・・サイコはウリが好きよ・・・」サイコに鎮圧され動きを止める。一連の流れが終わった中、CCGの局長となったニムラがオッガイという部隊を作り、ピエロを駆逐、グールの殲滅を宣言する。喝采で迎えられ、ニヤリとするニムラで次回へ。
戦闘の間に他の行動を挟まれるのでだいぶまとめづらいがこんな感じだった。次回は紲。トーカとカネキがイチャイチャするっぽい描写があったがそれだけでは終わらないだろう。







関連記事
スポンサーサイト

CONCEPTION 6話 俺の子どもを、ぶぼべべべ!

水着回を使ってしまったが2人の巫女と愛好の儀を行えた前回。ぶっちゃけ終着点が分からないが、12人と済ませたら終わりだろうか。
謎の世界名作劇場スタート。今回はみずがめ座の巫女・コレット(CV下田麻美さん)を落とすようだ。パン屋を営むコレットを手伝うイツキだが、愛好の儀を行おうとしていることを悟られてしまう。なんとかなぁなぁにして作業をするが、もともと店に立っていたおじいさんが倒れてから店は閑古鳥状態らしい。マヒルやアリー、アーフィーと星の子たちが盛り上げに来てくれるが、この世界のパンの大手ランチパックリに立ち退きを迫られているのもパン屋が衰退している原因。ランチパックリの権利は資産家のしし座の巫女・フェミルナ(CV藤田咲さん)の家が持っているので話をしに行ってAパート終わり。
Bパートでは不慮の事故でフェミルナを気絶させてしまったイツキ。コレットのパン屋に移動することでバレないようにするが、顔バレしないように紙袋をかぶっているのであやしさがすごいことになっている。この時の話声がサブタイトルのおかしな部分のようだ。パンを定期的に差し入れに行くが、そのあやしさのせいで食べてもらえない。結局顔を見せて誠意を示すことで食べてもらえた上にイツキのことを気に入ってもらえた。チョロい。家に帰さない意味も分からなくなってきたが、マナの策略だったようだ。そんなフェミルナと愛好の儀を行うが、獅子座の巫女だけあり肉食系なプレイ。そのころコレットはおじいさんにパンのレシピをもらい、学園祭に出すことになっていた。以下次回。
コレットは落とせないんかい。次回は俺のちくわになってくれ!意味が分からないがコレットともう1人がいたので2人攻略できるのだろうか。







関連記事

異世界居酒屋~古都アイテーリアの居酒屋のぶ~ 7話 メンチカツ/密偵とサラダ

なぎらさんがビールを飲まなかった前回。あぶらあげとビールは微妙か。
前半はサブタイトルまんまのメンチカツ。食堂でもあったような・・・飛ぶ車輪亭という肉料理が自慢の店の元女将からヘッドハンティングを受けるしのぶちゃん。元主人と大将の味対決に発展するが、鹿肉のメンチカツで感動をさらう。孫とのお見合い相手にとしのぶを見繕っていたが、孫は7歳、しのぶは23歳ということでご破談。終わり。
後半は他国の密偵がのぶで情報収集。出てくるサラダでその国の情勢が分かるらしいが、シーザーや大根やポテトなど様々な種類のサラダを用意しているのぶで打ちのめされる密偵という話。後半は作画がイマイチだった。金箔を載せて百式とかいうふざけがしょうもなくてよかった。
なぎらさんはポテトサラダで一杯。人形町のお店で3種類のポテトサラダに舌鼓。今週はビールも飲めてよかった。
関連記事

DOUBLE DECKER! ダグ&キリル 7話 復讐するは、ワリにアレ!

生き別れのキリルの姉が兄だったことが分かった前回。姉の方が良かった・・・
今回は飄々としたところしか見せていなかったダグの掘り下げ回っぽい。ダグはデリックの前の相棒の仇であると思われる、グッドルッキングジョー(CV三木眞一郎さん)という男に執着し、非番の日も捜査を続ける。そんな中キリルはダグの死んだ相棒はパット・モリーノという情報屋であることを突き止める。ダグが裏の情報を得るために利用していた元犯罪者も粛清されてしまうが、それでもジョーに執着を隠せないダグでAパート終わり。
Bパートはダグを煽るグッドルッキングジョー、その誘いに乗るダグで開始。なんとか力になろうとするキリルだが、ダグは1人で行動を開始してしまう。人質に取られていた元上司はクスリに手を染めており、ダグの情報を話してしまっていた。パット・モリーノ、パトリシア・モリーノが殺されたのは、靴磨きをしながら情報屋をしていたパットがジョーの靴に塗る色を間違えたせいらしい。当時12歳のパットにダグは情報屋などという危険な仕事をやめるよう言うが、パットは聞かなかったため気にかけていたが殺されてしまったので、ジョーも所属していると思しきエスペランサ絡みの事件では躍起になってしまうということだった。アップルの発明の助けなどもあり、ジョー一味を一網打尽にすることに成功し、パットの墓にキリルのアドバイスで花とぬいぐるみを手向けるダグで今回終了。
相変わらず1話で話をまとめてくるのがすごい。次回は踊る!学園捜査線!マックス回らしいので期待。
関連記事

閃乱カグラ SHINOVI MASTERー東京妖魔篇ー 5話 BE HONEST

シノビマスターズ開催だよとなった前回。潜入した意味とかなかったな・・・
アバンで無駄に乳を揺らしていてよかった。こういうところで点数稼ぎをしていかねば。アバンでは巫神楽と飛鳥も開会式に登場。盛り上がってはいない。3チーム総当たり戦で大将が負けたら終わりというルールらしい。ただ立っているだけで乳が揺れる。愚連隊はシノビマスターズにキャンセルの連絡をしてしまっていたが、焔が復活したので現地に向かう。これで蚊帳は半蔵だけ・・・そのころシノビマスターズでは月閃と巫神楽が戦うが、月閃が勝ちました。2人しか脱げなかった・・・Aパート終わり。
2回戦の騎馬戦は蛇女と巫神楽だが、圧倒的有利の巫神楽のリーダーであるかぐらはわざと負けるような行動をとる。雪不帰の策略に何か思うところがあるようだ。3回戦の蛇女対月閃の旗取りゲームは月閃が取り、半蔵生徒を開放できるかと思いきや今までの試合は予選で、これから月光・閃光姉妹と雪不帰の3人と戦わねばならないという。そこに飛鳥が乱入するが、何か思い詰めている様子の飛鳥に雪泉は「正義はまだある」と言い負傷した4人を除いた2人で戦うことになり今回終了。
味気のない前半だったが、来週で一区切りつきそうな感じはする。と思ったが次回予告で雪泉が飛鳥に怒っていたのでよくわからない。戦闘が多かったのでともなってエロも多かった。
関連記事

ゴールデンカムイ 第二期 18話 阿仁根っ子

白石を救出し、気球アクションで鶴見シンパの鯉登少尉から逃げ出した前回。大雪山で全裸の白石は・・・
アバンで普通に服着て自我取り戻してました・・・その頃谷垣ニシパはインカラマッの占いの結果を気にして死に装束を用意するほど落ち込んでしまったフチの元気を取り戻すために、アシリパを探すという自分の使命を噛みしめる。そこから谷垣が北海道に来た経緯が鶴見の部下時代の時系列で語られた。かいつまむが妹・フミの仇賢吉が北海道にいると耳にして、マタギとしての生き方を捨て軍に入り、その相手を殺してやろうと思っているらしい。Aパート終わり。なぜ急に回想になったのか。細谷さんの東北弁がうまい。
Bパートでも回想は続く。旅順での谷垣と杉本の出会いが描かれた。そして日露戦争中に賢吉を見つけるがもう瀕死状態。苦しみ視覚と聴覚の薄れた賢吉は谷垣を認識できず、フミが流行り病の疱瘡にかかって死にかけており、それが集落内に蔓延することを止めるために2人で考えたことだったことをなんとか秋田の谷垣という名前の家に伝えてほしいと言い残し事切れる。それ以降自分の生き方に悩んで生きてきたが、お世話になったフチの元に無事アシリパを送り届けることが今の一番の目的だというところで時系列が戻ってきた。そんなこんなで大雪山から降りた平野で釧路の舞を舞っているアシリパたちを発見。合流したところで次回へ。
次回はカムイホプニレ。イオマンテのことだった気がするがこのあたりの記憶はあやふやである。
関連記事

転生したらスライムだった件 7話 爆炎の支配者

重要キャラ・シズが出てきた前回。今回はその過去回っぽい。
シズを召喚したのは魔王・レオン・クロムウェル(CV福山潤さん)で、シズの身体に精霊イフリートを憑依させて命を救う。しかしイフリートはレオンに敵意を示す者全てを炎で焼き尽くしてしまい、それが原因で友人を亡くしたことがシズのトラウマになっている。その召喚者レオンを倒すためにシズは旅をしており、50年もの間活躍を続け爆炎の支配者という異名で呼ばれている。しかし突然魔力を抑え込んでいたと思しき仮面が壊れ精霊イフリートが表に出てきてしまい、シズの意思を無視して暴走しだしてしまいAパート終わり。
Bパートでは当然の戦闘だがちゃんと作画がいい。水刃はイフリートに届くまでに蒸発してしまい、どうしようとなったが冒険者の魔法使いのアイシクルランスを吸収することで有効な攻撃手段を得る。熱変動耐性を得ているリムルには炎が効かずイフリートを動けなくして捕食することで勝利。楽勝すぎる。捕食されたイフリートがなんとかあがこうとするが、久々に出てきたヴェルドラにボコられそうになった描写で今回終了。
シズさん命の糧失ったけど生きてるんか。原画が米澤さんという方1人ですげぇなとなった。次回のサブタイトルが受け継がれる思いなのでやっぱりシズは死にそう。今週はただ尺が足りなかっただけのようだ。
関連記事

RELEASE THE SPYCE EPISODE:006 友情の報酬

早見沙織さんの筋肉おばさんが暴れまわった前回。倒した気はするが記憶がふわふわ。
アバンで白虎が完全に邪神ちゃんだったのでうるさかった。今回は初芽回のよう。五恵との師弟回は・・・?幼なじみだというテレジア(CV種田梨沙さん)が出てきたがモウリョウ側っぽい。その過去のエピソードが暁の護衛というかグリザイアの果実というかを醸しだしていて、身分差的なアレだったので安っぽく感じた。悪い組織に2人で捕まったが初芽は身代金で釈放、テレジアはモウリョウに売り渡されたので恨んでいるようだ。急に転校してきたテレジアを怪しんだツキカゲは情で動いてしまいかねない初芽を除いた5人でテレジアを探ることに。Aパート終わり。
知ってたけど飼い殺されることになった白虎でBパート開始。初芽から情報を得ようとするテレジアだが、モモと五恵に阻止されて発目の家に行くことに。生活のレベルの違いに怒りを隠すことができず、感情を吐露するテレジア。今まで猫かぶってた意味がほぼない。テレジアは逃げ出してしまい、初芽がテレジアのことばかり気にすることにたいし五恵に気配りするモモだが、五恵は師匠はみんなが仲良くなれたらいいという考えの人だからと初芽を信頼している発言をする。組織内でほだされている白虎をオチに使い以下次回。Cパートで先週エモいエモい言ってたおじさんが顔をあらわにした文鳥の人に殺された。そういやこいつ野放しだった。
今回はなんだかいつもより作画がイマイチだったし、話もあまり要領を得なかった。来週つながるはずだろうけどもう~んという感じだった。
関連記事

ひもてはうす 6話 おうちに帰ろう

前回は面倒な男に西明日香さんが篭絡されたこととEDのハルヒしか覚えていないが何かほかに大事なことはあっただろうか。いやない。
今回のサブタイトルがこのアニメのEDだが、そういうのは最終回でやるやつではないのだろうか。本編は謎の雰囲気で喧嘩している。喧嘩はよくない。と思ったらこころの夢オチだったので多分みんなで誕生日祝うとかそういうやつだろう。結局シェアハウス1ヶ月記念を隠していただけだった。ということをこころに読まれていたという鏡の中の鏡に映る像みたいなやつだった。謎の工夫。ED映像は普通にひもてはうす住人一同の絵だった。最終回じゃないの?Cパートで雨の中哲学堂やら演繹観やらに行っていてこいつら楽しそうだなと思った。
関連記事

ガイコツ書店員 本田さん 6話 秘められし力を持つ者/ぼくらのフェア戦争

サイン会の話とかエロ本の範囲とかの話だった前回。ほえーって感じ。
今回は流通から売り場に異動してきた人の話から。流通課ではこれから話題になりそうな書籍をいち早くかぎつけて売り場に流さねばならないので大変。だから手腕が問われるよねという話だった。
後半は舞台化やアニメ化と並行したフェアの話。特典が豪華になると厄介な客からの問い合わせも増えて大変らしい。内部でも外部でもてんやわんやの大騒ぎ。フェアは大変だがそれが本屋の醍醐味だという本田さん。終わり。
毎週へぇ~だけでいいので楽といえば楽。
関連記事

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム