FC2ブログ

いまさらコードギアス 亡国のアキトをみたので

こんばんわ!

今さら感に定評のある二号です。

今日は「コードギアス 反逆のルルーシュII 叛道」公開記念と思って、勝手に自宅で視聴した
コードギアス 亡国のアキト」全4章のレビューをしていこうと思います。

公開日に同時に見ていたので、2月10日のお話です。

本当に今さらですね。

1号パイセンの超高速レビューを見たいがためにクラウドファンディングをはじめようか迷っているところです。
クラウドファンディングに詳しい方、ぜひコメントください。











今さら必要ないかもしれませんが、簡単にコードギアス亡国のアキトについて
概要を書いていこうと思います。
知らない方でもぜひ最後まで読んでくださいね。

コードギアス 亡国のアキトは

第1章 「翼竜は舞い降りた」(THE WYVERN ARRIVES)

第2章 「引き裂かれし翼竜」(THE WYVERN DIVIDED)

第3章 「輝くもの天より堕つ」(THE BRIGHTNESS FALLS)

第4章 「憎しみの記憶から」(MEMORIES OF HATRED)

第5章 「愛シキモノタチへ」(TO BELOVED ONES)


の全5章、役5時間で構成されているコードギアス 反逆のルルーシュのスピンオフ作品となっています。

時間軸的には本編1期と2期の間の空白の1年に存在している物語らしいです。

舞台はヨーロッパ、イレブンで黒の騎士団≒ルルーシュの存在が消え神聖ブリタニア帝国が
破竹の勢いでヨーロッパを侵攻しているタイミングですね。

主人公はスピンオフ作品なのでルルーシュやスザクではありません。

日向アキトというE.U.で生まれ育ったイレヴンの少年で、使い捨ての駒として扱われる不遇の兵士です。

まぁ、全体のお話についてはこのくらいでいいと思うので1話ずつ見ていきましょう。

第1章 「翼竜は舞い降りた」(THE WYVERN ARRIVES)


この時期じつはちょうどグラブルのイベント「討滅戦」をやっていました。

せっかくヴァルナを3凸したにもかかわらず、フィンブルを1本しか持っていなかったので
必死に2本目、あわよくば3本目を探してひたすら掘り続けていました。

幸運にも2本ドロップさせ、交換分含めて2本は完成させられたのですが
理想編成はフィンブル3本なので必死に3本目を探していました。

闇は未実装の2号にケルベロスオーダーは宝の持ち腐れなのでわき目もふらず
フィンブルを掘って半汁は1000本くらい消えたのですが、3本目が完成することはありませんでした。

そんなことをしていたので、1話はよく覚えていません。

というか、ちゃんと見ていたのですが登場人物の立場やキャラを確立させる時間がないにも関わらず
次々キャラを投下してくるせいで、誰がどういうキャラなのかよくわからないまま1話が終了してしまいました。


第2章 「引き裂かれし翼竜」(THE WYVERN DIVIDED)
実は2月10日の次の日に、八ツ尾半の人主催のMtGの大会があったので、
1年ぶりにぎっちりMOもやらなければいけない状況でした。



マナベースの資産を持っていて、かつある程度近い日程で実績を残したデッキということで
八十岡翔太プロのデッキをまるパクリして練習していました。

レシピはこんな感じです。

4:《汚染された三角州/Polluted Delta》
4:《沸騰する小湖/Scalding Tarn》
2:《湿った墓/Watery Grave》
1:《血の墓所/Blood Crypt》
1:《蒸気孔/Steam Vents》
2:《忍び寄るタール坑/Creeping Tar Pit》
2:《尖塔断の運河/Spirebluff Canal》
1:《水没した地下墓地/Drowned Catacomb》
3:《廃墟の地/Field of Ruin》
4:《島/Island》
1:《冠雪の山/Snow-Covered Mountain》
1:《沼/Swamp》
26 lands
4:《瞬唱の魔道士/Snapcaster Mage》
1:《奔流の機械巨人/Torrential Gearhulk》
5 creatures

4:《致命的な一押し/Fatal Push》
4:《コジレックの審問/Inquisition of Kozilek》
4:《稲妻/Lightning Bolt》
4:《論理の結び目/Logic Knot》
2:《アズカンタの探索/Search for Azcanta》
1:《喉首狙い/Go for the Throat》
2:《電解/Electrolyze》
2:《コラガンの命令/Kolaghan’s Command》
4:《謎めいた命令/Cryptic Command》
1:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
1:《最後の望み、リリアナ/Liliana, the Last Hope》
29 other spells
3:《集団的蛮行/Collective Brutality》
2:《トーモッドの墓所/Tormod’s Crypt》
2:《儀礼的拒否/Ceremonious Rejection》
2:《軽蔑的な一撃/Disdainful Stroke》
2:《ジェイス・ベレレン/Jace Beleren》
2:《滅び/Damnation》
1:《仕組まれた爆薬/Engineered Explosives》
1:《悪夢の織り手、アショク/Ashiok, Nightmare Weaver》
15 sideboard cards









大会は初戦惨敗でしたが、練習含めいろいろ感じたことを残していこうかなと思います。

1.ロジックノットは4枚積んでも機能するし、普通に強い。
2.ドロソのスロットに強カードを詰め込んで引くカード全部強くすればいい、でデッキが回せるのは天才の所業
3.小粒クリーチャ以外、着地後の対応がキツい
4.青と黒、青と赤の組み合わせは芸術だけど、赤と黒の組み合わせがしんどい
5.コラコマをもっとうまく使える人間になりたい
6.アズカンタの探索ももっとうまい使い方があるはず


こんな感じですかね。

デッキパワーを落としても一般人でもデッキが回るように、多少改悪をして使い続けようと思います。

ところで、ルルーシュが出てきたような気がしたんですがなんでオレンジくんみたいな扱いになってたんですかね?


とまぁ、お察しの通りとりあえず一通りみたのですが、よくわからないうちにおばあちゃん達の奴隷になって
戦争が終わったらおばあちゃんたちと幸せに暮らした、っていうことしかわかりませんでした。


本編が持っていたキャラごとのパンチの強さをイマイチ感じられずに、物語本編も誰が何をやっているんだかよくわからないうちに終わってしまった。

というのが正直な感想です。

それではみなさん、よい反逆ライフを!!


【Amazon.co.jp限定】 コードギアス 反逆のルルーシュ I 興道 (特装限定版) (新規描き下ろしスチールブックケース付) [Steelbook] [Blu-ray]
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム