FC2ブログ

とある魔術の禁書目録Ⅲ 3話 C文書

五和とともに神の右席の1人、左方のテッラと戦うことになった上条さん。まったくもって不幸である。
手が出ない状態だったが土御門くんの手助けで一旦戦闘は中断。周囲の状況を確かめるために御坂さんに電話するが、携帯はスマホになっていなくてなんとなく安心した。学園都市その他の武力介入で終わらされる前にC文書を回収したテッラとまた戦うことになる。土御門くんの頑張りをよそに着々と進む介入。その中には一方通行の姿があったというところでAパート終了。
Bパートはテッラにボコられる上条五和コンビ。会話の断片から上条さんの記憶喪失がバレてしまう。これを公表されると困る上条さんはテッラは単体しか攻撃できないことに気づく。何やら問答の末に上条さんの説教パンチ。激高した隙をついてさらに説教パンチ。記憶をなくした上条さんに幻想殺しの正体をご高説たまわろうとするが、一方通行の協会攻撃によりうやむやに。C文書も逃してしまった。燃えて死んだと思われたテッラだったが生きており、後方のアックアと合流しうまく逃げおおせた。と思いきや、人民への悪辣な仕打ちを重く見たアックアにより粛清されてしまう。そしてテッラの説教中にもつながっていた携帯電話が御坂へ上条さんの記憶喪失を伝えてしまったというところで終わり。
やっぱりさっさとやられてしまったテッラだった。次は聖人対決だったか。次回予告からすると浜面さん回のようだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム