FC2ブログ

やがて君になる 3話 まだ大気圏/わたしを好きな人

結局燈子の応援演説をすることになった前回。
連休に入るが、当選前提の話でこれからも生徒会活動をすることがほぼ確定しているらしい。レズはこわい。燈子の行きつけの本屋は侑のおばあちゃんがやっている店だった。その伝手で燈子のことが家族に露見するが、彼女だとするとお父さんはひっくり返るらしい。レズの道は険しい。連休中、他校に行った友達といつもの2人と4人でショッピングしたり映画を観たりするが、その過程で恋愛関係の話になるとやはり実感がわかない侑。休み中にもかかわらず、わざわざ旅行土産を渡しに来る燈子のお土産の小さなプラネタリウムを見ながら好きとは何かを考えAパート終了。
Bパートはいよいよ生徒会選挙である。茅野さんの負けヒロインがいい感じに茶々を入れに来てとてもよい。外の空気を吸いに行くという名目で燈子と外に出る侑。余計なお世話だったかと戻ろうとすると、震えるほど緊張している燈子に気づく。生い立ちから強さを得ざるをえなかった燈子を、弱さを含めて理解していたと言い切る侑。自分にだけ弱さを見せる燈子だが、そのことで自分を「特別」に選んだのだと気づく。演説中に自然と生徒会役員になると言ってしまった侑だが、それは何に起因するものか。「今は何とも思っていなくても、好きって言われ続けたらその気になっちゃうものじゃない?」という友人Aの発言をプラネタリウムの中で思い返して次回へ。
雰囲気で押してきているが実は話があまり進んでいないのでこれからどうなるのかというところ。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム