FC2ブログ

SSSS.GRIDMAN 6話 接・触

山なのに水着回ではっすは水着でもちゃんとマスク装備、ボラーさんを装備するとロケットランチャーとビームを出せる、ジャンクの値段が37429円だということがわかった前回。山に連れてこられたグリッドマンがここはどこだ!?とやっているのがかわいかった。
なみこは茶道部らしい。確かに茶道部で合宿って。ぶつぶつ言いながら進路用紙を書くはっすかわいい。とか言ってたらアカネちゃんがアンチに裕太の殺害を命じた。急展開。友達がことごとく忙しい六花は1人でぶらつくが、なんとなく所在なさげ。そんな中裕太は怪獣を名乗る既視感のある少女に出会い有無を言わさず同行させられる。アンチと再会した六花の「ウッ、クサッ・・・」という言葉に興奮した諸兄も多いのでは。そして六花には予備校に通う兄がいることが判明。これまた急である。制服にジャージの長ズボンかつポニテ六花ちゃんにシャンプーしてもらうアンチくんズルない?このアニメは禁じていることも多いが供給がものすごい。各人の周りにいる新世紀中学生もわりかし仕事をしている。裕太が「なにもない」を見せてくれるという少女に連れられるところでAパート終了。個人がいつもと違う絡みをするのが多い回だ。
Bパートで少女と前回も乗った電車に乗った裕太。少女が言うには町の外に出るとみんな眠くなるらしい。そして先週の最後の映像の伏線を回収である。いつからこの世界が現実であると錯覚していた?内海を問い詰めるアカネとアカネが怪獣発生の原因であることを話す少女。町自体がアカネが作った世界と化していて、神であるともいえるアカネはその歪んだ心を何者かに利用されている、というところまで解説してくれた。怪獣を名乗る少女がアカネのことを話すのは自分がアカネに作られたものではなく、元からいた怪獣であるかららしい。ツツジ台←ツツジ台→ツツジ台。少女と別れた裕太はアンチに襲われるが、キャリバーとマックスに救われる。そのことをグリッドマンに報告しに絢に行くといつものメンツが揃っていてなんとなく安心。アンチは裕太を殺せずにアカネを怒らせ、アカネを心配する画面外に出てきたアレクシスで今回終了。
キャスト欄で怪獣を名乗る娘が音波怪獣アノシラスの2代目であることがわかった。アニメーター見本市公開タイミングがなるほどなというところである。今回だいぶネタバラシ的なことが多くあったがまだ半分である。おもしろアニメすぎる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム