FC2ブログ

ブギーポップは笑わない 2話 ブギーポップは笑わない2

宮下がブギーポップとなったがブギーポップは事件は終わったと言って消えて行った前回。2話続けての放送を前提にしている感じの作りに感じた。
末真はクラスの女子生徒恭子に物騒な中で一緒に帰ってくれるようお願いされる。そこで草津秋子という女子生徒が薬物を配っていたが、霧間がわざと停学になってその事件を解決したのではないかと相談を持ちかけられる。霧間の家に行って話を聞いてみるが、彼女は作家の父を持ち頭の回転が速く、学園の悪について何か知っているようであったが末真には何も教えてくれなかった。そのころ学校では何かが動こうとしていた。Aパート終了。
Bパート開始。茶道部部室で百合原美奈子(CV竹達彩奈さん)が何者かに襲われて倒れており、そこを通りかかった早乙女正美(CV榎木淳弥さん)はその何者かに襲われるが、百合原の体を借りたそれと協力関係になることで女子生徒の間に薬物を蔓延させていく。百合原は何者かに作られ失敗作と断じられたモノだったらしいが、早乙女との協力関係を持つことで女子生徒を食べることを効率化させていく。しかし早乙女は霧間に接触され、百合原は早乙女が霧間に懸想をしているのではないかと疑心暗鬼になる。百合原はエコーズというモノを元に制作された生命体であり、エコーズは紙木城にかくまわれ紙木城はそのことを霧間に相談していた。エコーズは宇宙からやってきたものであり、実地調査をするために地球人になりすますつもりだったが、未来の人類になってしまったことで周囲の注意を引いてしまい政府機関に捕まって調査されてしまう。話すことができないエコーズだが、なぜか紙木城とだけは意思疎通ができ、紙木城はエコーズから作られた今百合原であるものについての調査を霧間に依頼する。しかし紙木城は百合原をエコーズと勘違いして捕まってしまい、彼女が突然行方をくらましてしまったことを憂いた霧間はエコーズに接触を試みる。以下次回。
1話はブギーポップパートで2話が霧間パートといった感じの作りだった。時系列が両方理解しないとめちゃくちゃになるので大変になってくるかもしれない。OPとEDは世界観に合っている感じがしてよかったので、解決に向けてどう動かしていくのかというところ。










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム