FC2ブログ

とある魔術の禁書目録Ⅲ 14話 英雄達

カーテナ=オリジナルを手にしたキャーリサの猛威を抑え込んだと思ったらまた作動された前回。いたちごっこである。
バッキンガム宮殿で待つキャーリサの元に向かう上条・インデックス・五和・神裂・ヴィリアンだが、キャーリサは1人で待ち受けており周囲の騎士派を生け贄にして魔術を使っていたことに上条は怒る。キャーリサは振るうカーテナ=オリジナルによって瓦礫を武器に変化させて近距離をカバーし、軍用のグリフォンスカイという飛行機も使って爆撃もしてくる。周囲に近づけない状況が続くが上条の右手で消しながら近づいてヴィリアンとエリザードの合わせ技でキャーリサを攻撃する。しかしキャーリサには大きなダメージを与えられず、彼女の準備していたミサイル・バンカークラスターでロンドンには神裂でも守り切れないほどの被害が出る。そんな中で長女リメエアはキャーリサについて何か知っていることがあるようだった。Aパート終了。
Bパート開始。リメエアはキャーリサはフランスなどの敵国からイギリスを救い、かつ大きな力を持つカーテナ=オリジナルを使えなくするために王室の血自体を絶やそうとしているということを大々的に伝える。それに呼応したナイトリーダーやアックアも加勢してキャーリサに対抗するが、カーテナ=オリジナルを持った彼女は次元を切り裂いて物質を出現させて聖人にも対抗して大きな力をふるっていく。しかしそこで女王・エリザードが登場してキャーリサのやり方を小さいと断じ、イギリスの国旗を広げて魔術・ユニオンジャックを発動。その効果はカーテナ=オリジナルによってキャーリサに全権が委任されていたイギリスの力を国民に分け与えるものであり、キャーリサは急速に力を失っていく。そこに上条の右手パンチが入りカーテナ=オリジナルは破壊され、イギリスにおける第二王女のクーデターは終わる。エリザードは上条の姿を探すがその姿は見えず、キャーリサは建物の陰に連れ込まれてフィアンマに粛清されようとしていたが、そこに上条が現れてフィアンマの右手を無力化する。フィアンマはこの国でやることは終わったのでロシアに行くと言って去っていこうとするが、そのそばには自分を魔術図書館としてしか認識できなくなっていたインデックスがいた。ステイルとエリザードはインデックスを制御していた礼装がフィアンマに奪われたためこうなったと語り、上条はフィアンマを追ってロシアに向かう。以下次回。
訳が分からなすぎて日本語になっていないところもあるかもしれないが、そのくらい訳が分からなかった。急げばいいというものでもないが、割かれた時間で頑張るしかないのだろうか。次回は「スパーク・シグナル」










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム