FC2ブログ

メディアクリエイターが教える、底辺YouTuberが再生回数を稼ぐ方法

いつも通りアニメレビューと遠いところにいる、
このブログを始めてからTwitterのフォローワー数が3倍になった二号です。

ありがとうございます。




非常にありがたいことに、売名目的でフォローしてくださる方もいらっしゃいます。


そして、売名DMで圧倒的に多いのは底辺YouTuberからのメッセージです。









自分自身こうしてブログをやっているので、なにか参考にしたくて毎回見に行っているのですが、チャンネル登録をすることはまずありません。


以前、【悪用厳禁】元イベントスタッフが思う、ライブの本人確認を強行突破する方法、という過去の仕事に関係する記事を書きました。

その時の二号の仕事は、マスメディアと非常に結びつきが強くテレビ関係の仕事もそれなりにありました。

一応、それだけで飯を食っていた時期もあった元プロです。




いや、プロとか素人とか関係なく思うはずです。


底辺YouTuberの動画は見るに堪えない



底辺YouTuberの方に質問なのですが、自分の動画を5本一気に見られますか?


同じ動画をループでも、別々の動画を5本でもいいです。



自分が作った動画を、自分で楽しく5本見ることはできますか?




見れる!という方はここから先を読む必要はありません。





多くの底辺YouTuberさんは、自分で面白いと思って作った動画なのにたった5回も見ることはできないと思います。
















ということで、今回は

「底辺YouTuberからのDM50通、受信突破記念」

と冠して、


元メディアクリエイターが教える
底辺YouTuberさん向けの再生回数増やし方講座

をやっていきます!!







この講座は、くそアフィと違っていつまでも情報商材を売りつけるようなことはしません。

たった3つのポイントを意識するだけで、よりよい動画作成をすることができます。



今回の対象は
1. 顔出し(実写チャンネル)のチャンネルを持っているYouTuber
2. 既にまとまった期間/本数、コンスタントに動画をアップロードしているYouTuber

です。




それでは早速答え!

こちらの3つのポイントを押さえれば、見れない動画じゃなくなります!!


1. プロットを作ろう。
2. ないないないへの取り組み
3. 物語性のある違和感






ポイントを全部書いていくと、到底1記事では収まらないので今回は

1. プロットを作ろう。


について書いていこうと思います。


プロットを作ろう。


つまり、台本を作ろうということです。


「台本」というだけでアレルギーのように嫌う人がいますが、メディア作品を作るうえで「構成台本」は必須です。



もっとわかりやすく言うと、「起承転結を意識しましょう」ということになります。



わざわざ紙に書いたりする必要はないですが、特にグループYouTuberの場合は動画の「構成」をみんなで共有してから撮影をしましょう。



禁断ボーイズの動画は非常に顕著で、構成がわかりやすいのでこちらの動画をお借りして解説していきます。

なぜか年齢制限をかけられBANを食らった挙句、本人たちが挙げなおしているみたいです(笑)



【起】

禁断ボーイズ、いっくんといえば

「今日の企画は!!」

というキャッチフレーズはもはやお馴染みです。


といっても、今回紹介する動画では「今日の企画は!!」と叫ぶシーンは封印されています(笑)


叫んだり、派手に動いたり、「演出」の方法はいろいろあります。


今回も、叫びではなく文字という演出を使って確実に企画意図を説明しています。

キャッチフレーズこそ封印していますが、確実に「今日の企画」を視聴者に届けて、この動画でなにをするのかを明確にします。


この動画の目標は2つです。


・コラボ相手であるマックス村井が、自虐をする動画。
・今シリーズの企画で負けたことのないメサイアの勝敗の結果を伝える動画。


今回の動画では、0秒から60秒付近までがこのパートに当たります。


【承】

先ほど提示した【起】のテーマに沿って、「見ている人全員にとって自然なやりとり」を展開します。

いわゆる、「ネタフリ」のセクションです。

動画の「オチ」に対する、「ヤマ」を登っていきます。


視聴者が飽きない範囲で、出来るだけヤマを作ることで落差が大きくなり「オチ」が大きくなります。

今回の動画の目標に沿って展開していきます。
・マックス村井が自虐をする。
・勝負に負けないメサイアのイメージを固定する。


今回の動画では、1分~2分30秒がこのパートに当たります。


【転】

2分30秒以降、動画が展開します。


ここを「どう展開させられるか」が本当の勝負のポイントです。



DMを送り付けてきた約50人の底辺YouTuberのみなさんは、この「本当のポイント」までたどり着けていません。
勝負の土俵にさえ登れていないのです。



なぜなら底辺YouTuberの動画は、「企画の提示(動画の目標)」も「ネタフリ(オチを含む)」もない平坦な動画だからです。




今回の動画は、起→承とマックス村井による「自虐ネタによる笑い」でヤマを作っていました。
しかし動画の転換ポイントである【転】のセクションで、マックス村井の「ビジュアルや、自虐ネタ以外の笑い」で動画を展開していきます。



動画では「うん、続行」と何事もなかったかのように続けます。

一方で、今まで負けていないメサイアの動揺を誘い『負けるかも!』という転換をしていますね。

今回の動画では、2分30秒~4分前後がこのパートに当たります。

【結】
まぁ、結果ですね。


・メサイアは勝つのか負けるのかを明確にする。
・全員が笑ってしまった自虐ネタを明確に伝える。

でオチです。


この動画では、4分以降のパートです。












ということで、超人気YouTuberの動画を分解しながら構成台本、起承転結について解説してみました。


偶然か意図的なものかはわかりませんが、「起承転結」の秒数が00秒もしくは30秒で区切れています。


秒数がきっちり揃うことまで意識しているかは分かりませんが、最低限「構成」を意識していないと明確に区切ることはできません。

少なくとも、底辺YouTuberの動画ではこの解説はできないんです。



もちろん、それぞれのパートの中に小ボケ(小オチ)が挟まっていたり、印象的な挨拶、キャッチフレーズを織り交ぜることも大切です。

しかしそれらは、しっかりとした土台の上だからこそ輝くワザなんです。



これが土台、プロットを作ろうといった意味です。



また、禁断ボーイズのレベルになると「構成」の比率のテンプレート(いわゆる黄金比)のようなものを持っているのかもしれません。
ちなみに、テレビには構成のテンプレートが存在しています。


テレビとYouTubeでは動画時間もターゲット視聴者何もかも違うので、この部分は売れているYouTuberさんの動画を分析したほうがいいと思います。



ここまで読んでみて、少しは「構成台本」を作ろうと考えてもらえるでしょうか?











明確な起承転結を作ることで動画にストーリー性が生まれ、「しょうもない動画」から「映像作品」へと変化します。


見るものに限りがないほど広大な「YouTube美術館」で、わざわざしょうもないゴミを見る観客はいません。

作品にしましょう。



もう一度、過去の自分の動画をみてみてください。


起承転結を区切ることはできますか?

5回見ることはできますか?


最初は難しいと思いますが、まずは次に作る動画は【起】と【結】を明確にしてみてはいかがでしょうか?




残りの2つのポイントについては、また後日お伝えしようと思います。




それではみなさん、よい底辺YouTuberライフを!!


僕の仕事は YouTube
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム