スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【グラブル】こせんじょうにっき【9がつ22にち・かぜ】

お久しぶりの更新になってしまいました。
いろいろ半端で止まってしまっていて申し訳ありません。2号です。

とりあえず、リアルタイムで進行しているネタを優先しつつ、「続き書きます!」宣言しているネタの清書を進めていこうと思います。










今回の記事は、またグラブルです。
前回、土古戦場のレポートを書いていた気がするのですが、いろいろあってもうすぐ風古戦場になります。


ということで、手持ちの装備/キャラで予習をして行きましょう。


一応、理論上は神石編成(ゼピュロス×ゼピュロス)が最高火力らしいのですが、
多くの人が労力に見合わないと判断して、神石編成を作っていないと思っています。

そのため今回の古戦場は、大多数のユーザーがマグナ編成(ティアマト×アナト)を使うことになると思います。



一応その他の召喚石を使うケースを考えておきましょう。
3凸アナト(80%UP)より強い属性石になるパターンも一応あるので。

●●アナト以外の属性UP石を考えようのコーナー●●


case1.

シャインホーク・ガルラ
(風カツオ石)を使った場合

無凸~2凸
風属性の召喚石を5つセットした時=100%

3凸
風属性の召喚石を4つセットした時=100%
風属性の召喚石を5つセットした時=120%

(いずれも、フレンド石の属性はカウントされない。)


case2.

セト
を使った場合

古戦場の敵は基本単体なので、単体で計算します。
すると、↓の場合しかアナト(80%)を超えることはありません。

4凸=90%


複数敵だったら、少しだけ有効なケースが増えます。

※ローズクイーン石は同値もしくは、背水を阻害する要因になるので検討外。


問題点

・フレ石として見かけたことがない。
・case1.は、召喚石風染めの特別編性が必要なので、スロットを圧迫される。
・基本的には自石としての使用になるが、フレンドが基本的にはやさしさと思いやりで(初動で攻撃UPの召喚石効果をつけるため)「アナト」をフレンド石に設定しているので、方陣UPの「ティアマト」を設定しているフレンド拾いづらい。
=自石を属性UP石に設定しづらい。

・セトもガルラもJK石も、ほんとに実装されたのかどうか分からないくらい見かけない(大事なことなので2回)










ということで、ほとんどすべてのユーザーが「ティアマト×アナト」編成で挑むことになると思います。


前置きが長くなりましたが、今回の風有利古戦場は手持ちの召喚石による戦力差が出づらい古戦場です。
見方を変えれば、ガチャの課金額や引きの強さはあまり関係のない、全員がゲーム内のプレイ量(準備/古戦場期間含め)で勝負することになる古戦場になります。

で、

悩ましいのが、主人公のジョブ選びになります。

ソロで周回可能な範囲の敵に対しては、

ガンスリンガー=ウォーロック>エリュシオン>義賊>ベルセルク

中長期戦を見ると、セージ、カオスルーダーも選択肢入り

と、個人的には考えています。

風パはバッファーは豊富ですが、デバッファーがいません。
少なくとも、二号のアカウントには実装されていません。

そのため、デバフを主人公で完結させる必要があります。













GRANBLUE FANTASY The Animation 5(完全生産限定版) [DVD]
当たり前だろ!っていうジョブを書き並べただけになってしまったので、
それぞれ、いいところ、悪いところを見ていきたいと思います。

・ガンスリンガー

いいところ
・得意武器補正が死ぬほど乗る
・他心陣→トラインと動くだけで、主人公が開幕200万越えのパンチ力
・理想バレットのネブカドネザルなら、ターン経過とともにダメージ量を増加させやすい

悪いところ
・防御デバフか、他心陣の2択しか取れない
・さらに、デバフをとっても25%までしか防御を落とせない。(バレットで徐々には落とせる。)

・ウォーロック

いいところ
・ブラックヘイズ+アマブレで、防御45%ダウンまで持っていける
・四天刃をメインにできるので、パーティ全体の連続攻撃率を上げられる

悪いところ
・全体的に安定を求めた丸い性能なので、どの敵にも最適解ではない可能性がある

・エリュシオン

いいところ
・ソングトゥ・ザ・デッド+アマブレで防御下限到達。さらに攻撃力は下げないので背水を活かしやすい
・ご存知の連撃率

悪いところ
・メインに握る武器がない
最悪四天刃を持ち出す可能性さえあるレベル

(九界琴は回復と背水が相性最悪。西風の竪琴の方がいいけど、メインで握る理由に欠ける。)

・義賊

いいところ
・開幕他心陣からの四天刃と動ける。
・ブレアサ+デュアルインパルスのいつもの

悪いところ
・防御デバフが他心陣、デュアルインパルスとの選択。
・与ダメージ面で有用なEXアビリティがない。

・ベルセルク

いいところ
・専用アマブレ+ミストで防御下限。

悪いところ
・キャラや武器構成含め、風パの良さを活かせていない。










長期戦用パーティーは、必要に応じて運用していくことになるのでここでは検討外とします。

パーティキャラとの兼ね合いもあると思うので、結論を出す前にパーティー編成を考えましょう。

ちなみに、2号はパーティーの軸になりやすいリーシャもシエテを持っていないので、
号令パ、剣光パは検討外です。


●●パーティー編成について考える●●

エントリーNo.1
コルワ


初動が遅いので、肉集めでは入らないです。
5Tを超えるバトルから採用しましょう。

逆に、5Tを超えるバトルから抜けることはありません。
考えることをやめましょう。

エントリーNo.2
アンチラ


実はコルワ以上にパーティーから抜けないキャラ。
2Tを超えるバトルからマストで採用しましょう。

コルワ同様、考えることをやめましょう。


ということで、ある程度の敵と対面すると
実は1スロットしか空きのない風パ


コルワ、アンチラ共にエルーンなので、残り1枠をどの種族にしてもバハ武器は最大限生かせます。
何事も前向きに考えましょう。


エントリーNo.3

アンリエット


まず、2アビの攻撃力+奥義ゲージ上昇が強いです。
というか、奥義ゲージ上昇が強いです。

基本的には、コルワのバフを切らさないことが最優先なので噛み合います。

ネブカド持ちガンスリは、開幕他心陣後に6発撃ったタイミングで奥義のタイミングになるため
ジャムらないのも相性がいいです。

それから、アンチラの3アビとアンリエットの2アビはリキャストの周期が同じなので、
アビぽちでのタイムロスが減ります。

アンチラ3アビの連撃率がターン経過とともに変化していく関係で、奥義ゲージの回収率だけで考えれば、ずらして使うのが理想ですが、机上の空論なので置いておきましょう。
あと、たぶんズラすとガンスリがジャムるんじゃないかと思います。(やったことないのでわかりません。

3アビで、相手の特殊行動をある程度シャットアウトできます。
古戦場はHPトリガーの特殊行動も少なくないので、100%信頼できるわけではありませんが、
ODゲージを一気に削れるのは使うとわかる系統の強さです。
当然、義賊の時には高速でブレアサにつなげることができます。

1アビは必要に応じて必要なところに使いましょう。
ほとんどの場合は主人公に使うことが多くなると思いますが・・・

それから奥義の追加効果・睡眠が強烈です。
ソロの時は高確率で1Tスキップ出来ます。

さらに、睡眠中の敵に対しては与ダメージ量を増やせるので、
非常に地味ながら火力上昇につながります。

西風の竪琴をメインにしたエリュシオンでは、アビ枠のピルファー30%+奥義枠の西風の竪琴10%=40%も
弱体耐性を落としての睡眠付与なので、様々なジョブとのシナジーを期待できます。

さらに、サポアビのパーティー全体の弱体成功率UPも見逃せません。

実質確定枠だと考えています。

アンリエットは初めて引いた風のSSRで、ずっと使っているので長くなりました。
愛着が湧いてしまっているので、客観的な性能評価かどうかはわかりません。


エントリーNo.4

ニオ


最終上限開放してたら、アンリエットなんて抜きましょう。
性能>>>>愛着です。

最終開放していなくても、コルワが入らない場合の交換要員だと考えています。

コルワがいる場合でも、2アビのDA率上昇40%上昇は相性がいいキャラと言えます。

また3アビはクリティカル率30%上昇なので、2アビの攻防30%UPと併せて火力ソースとして十分採用圏内です。

1アビの昏睡と、奥義の魅了はガチャ要素なので、バトル中にもガチャを楽しみたい人は採用しましょう。

アンリエットとは強化枠が重複しますが、それぞれ奥義ゲージ上昇率、DA率上昇は残るので、完全な選択制ではないのが風パをややこしくする一因です。
主人公とも競合する枠が複数あるので選択が難しくなります。


エントリーNo.5

ロゼッタ


結界3あたりから、アンリエット、ニオと競合します。
結界5で爆発します。
結界5をキープできるならロゼッタです。


但し、前提条件が多いです。

確かに結界は強力ですが、「コルワのバフをいかに維持するか」が風パの軸だと思っているので
コルワ以上に制約が多いバッファーを採用するのは有用性に欠けます。


一時期、コルワのバフ管理とロゼッタの結界管理と主人公のバレット管理をするパーティーを作っていましたが
疲れます。
主人公しか奥義ダメを与えない、天上人っぽい動きがしたい人にはお勧めです。

主にリアル疲労が原因で周回には向かないので、古戦場向きではないと思います。


エントリーNo.6

ユイシス


クセが強い。

特に意識する管理などはありませんが、クセが強い。


ヘイトコントロールが必要な剣光パでは出番があるのかもしれませんが、シエテを持っていないのでよくわかりません。

再三言っている、「コルワのバフをいかに維持するか」という評価軸では採用理由がないです。

但し、モードチェンジ後に自傷効果を持っていたりするので、コルワを十分に扱える状況ならアタッカーとして採用してもいいのかもしれません。


エントリーNo.7

スカーサハ



TCGプレイヤーにお馴染み「テキストが短いと強い」

シンプルなアタッカーです。

1アビは属性攻撃上昇なので、競合がありません。
別枠30%をありがたくもらいましょう。

2アビはおまけ。
奥義後に使いましょう。

3アビが本体。
最大HPから25%も削れる自傷効果持ちです。

バリア先はてきとうでいいんじゃないでしょうか。
2回目以降は自分にかけて、事故を減らせばいいんじゃないでしょうか。


サポアビも全部自分自身の与ダメージ絡みという、わかりやすいアタッカーです。
一部天司と競合していますが、ご愛敬。

コルワを十分に回せる状況なら、一番ストレスなく運用できるキャラだと思ってます。










まとめ

キャラを並べ立ててみると、「ほんとにデバッファーいねぇ!」ということがよくわかったので、
主人公でデバフを持つ必要があることがよくわかりました。


また、得意武器とかいろいろ言いましたが、動き始めたコルワのバフ値に勝つ方法はほとんどないので
おとなしくコルワを最大限動かす方法を考えましょう。

つまり、主人公も連撃率上昇に絡む必要があります。


そうすると必然的にウォーロックかエリュシオンになります。

連撃率上昇率だけを考えると、エリュシオン優勢です。
かつ、防御デバフを下限まで落とせるので主人公以外の与ダメージについてはエリュシオンが優勢です。

エリュシオンの奥義ゲージ上昇率は35%マイナスですが、アンリエットの2アビが奥義ゲージ上昇率25%プラスなのである程度打ち消すことができます。

エリュシオンの「コール・オブ・アビス」を使う場合、ニオのメインの採用理由であった連続攻撃率上昇が重複し無効になるため、
採用から外れます。


ということで、フロントキャラは
コルワ、アンチラ、アンリエット

にしたいと思います。

・武器編成について


メインで西風の竪琴を持つため、1枠固定です。
2号はゼノ匙武器を1本しか持っていないので、とりあえず1枠はゼノ匙で固定です。
天司武器でもう1枠固定です。
バハ武器でさらにもう1枠固定です。

残り6枠はティア銃を敷き詰めましょう。

(100%~88%までは拳染め(5本)の方が火力が出ますが、87%あたりから銃染め(5本)編成の方が火力が出ます。
78%付近までは、青竜牙矛王が1本入りますが、それ以下ではさらに銃を追加したほうが火力が出ます。)


但し、10T以内程度で決着するのであればエリュシオンよりウォーロック(45%デバフ+他心陣+背水)のほうが早い気がしてます。
僕は旅人算的なものが一切できないので、誰かよろしくお願いします。


最後に

能動的に背水を活かすため、水着ゾーイを入れます。


それではみなさん、よい古戦場ライフを!


グランブルーファンタジー ラバーマット ゾーイ水着Ver.
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

アニメイーター

Author:アニメイーター
アニメ系の話題で気になったものを、気が向いたときにレビューしていきます。

当サイトはリンクフリーです!

相互リンク、相互RSS募集中です!
詳細はこちら!!

人気記事TOP5

アクセスランキング

1日1クリックお願いします!!

Sponsored Link

ブログ村ランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

RSSリンク

タグリスト

検索フォーム

Sponsored Link

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。